ヘルニアで後ろ足(特に左)に麻痺が出たチヨ(パピヨン16歳)、足元がおぼつかず自力での歩行が危なっかしくなってきました。

カバーオールの腰の部分に持ち手をつけたり、交差してしまう後ろ足を外側にひっぱって矯正するために裾にゴムをとりつけたりと、これまで様々な対策を練ってきました。

どちらもそれなりの効果があったのですが、問題がひとつ。

着替えの度に大暴れ→咳込む(気管虚脱)

着替えに抵抗がない子なら良いのでしょうが、普通の服を着せられるのも嫌なのにこれまで着た事のないカバーオールの裾に足を通される事がものすごい嫌みたい…。

嫌がって咳込み、気管虚脱が悪化してしまっては元も子もありません。

そこで考えました。

24時間つけっぱなしにしておける後ろ足用ハーネスを作れないかな?と。

市販の介護用品でも後ろ足や身体全体を支えるハーネスがありますが、固いバックルがついていたり通常のハーネスに似た素材で出来ていたりと、寝ている時もつけっぱなしにするには向かないものがほとんど。
さっと装着させてくれるお利口さんなら問題ないと思いますが、チヨは問題大アリなので洋服の様に常につけていたいのです。
寝起きのトイレとかちょっと家の中をパトロールとか、すぐに立って歩きたいシチュエーションがチヨにはよくありますし。

縫い物嫌いな私が作るより洋裁のプロの母に頼んだ方がきれいに仕上がりますが、機能面では絶対に私が作った方が良い!と、
試作に試作を重ねて完成した後ろ足補助ハーネスは↓こちら。

↑立体構造バージョン

↑シンプルバージョン

がんばった感が溢れてます。

どちらも基本的な仕組みは同じなので、主にシンプルバージョンを見ながらご紹介します。

スポンサーリンク

犬の後ろ足補助用ハーネスの仕組み

まず極力着替えを減らしたいので、オシッコやウンチがつかないように計算しました。

最初に作ったのは↓この形ですが、これではオシッコがついてしまってダメでした。

最終形はこちら↓

ほんの少しの違いですが、足を通す穴に沿った形にしました。
これならオシッコもウンチもつきません。

ちなみにこれを進化させたのが一番最初にご紹介した立体構造バージョン。
チヨちゃんは撮らせてくれないのでぬいぐるみに装着しました。

チヨには足のベルトが太かったので、このあと細く修正しました(それが最初の写真)

マジックテープを付ける前なのでクリップで留めてます

長方形の腹巻部分+足を通す&持ち手になる紐を2本。
作るのが面倒でなければ、立体バージョンの方がオススメ。

苦しくならない工夫

そして寝ている時もつけているので、お腹や関節が変に圧迫されないようにお腹部分はリブニットをつけ、お腹側のベルトは薄く幅の広い形に。

持ち手の後ろの部分は足を通す穴に沿うように。
ここはもうちょっと丁寧に仕上げたいところですが、まぁいいです。

負荷のかかるオマタの部分はちょっとしっかり目に縫います。

そしてチヨちゃんは採寸などさせてくれませんから、装着してから調節できるようにマジックテープを長めにつけています。
背中側でペタリと。

持ち手同士にスナップをつけて、人が持っていない時も両側にペロリとならないようにしています。

これで完成。
チヨちゃんぴったりサイズの柔らかいベルトが出来ました。

後ろ足補助ハーネスの材料

今回作ったハーネスに使用した素材は以下の通りです。

布はなるべく柔らかく、尚且つしっかりとしたものを…ということで子供の冬用のパジャマなどに使われるキルトニットを使用しました。

ちなみに春夏物は少し厚手のTシャツに使う生地を使って立体バージョンで作りました。
柔らかく伸縮性がある生地なので、お腹の部分にリブニットは使っていません。

次女にはTシャツを作り、お揃い♪

子供の入園入学の時は買わなかったのに犬の介護用品を作るためにミシンを買った私です。

スポンサーリンク

実際に使っている様子

後ろ足補助ハーネスを実際に使っている様子をご紹介します。

最初、お散歩は通常の前足につけるハーネスと後ろ足ハーネス両方にリードをつけていたのですが、これがなかなか大変。
鵜飼みたいで。

しかしよく考えてみたらチヨは走れないし引っ張らないし、別に普通のハーネスいらなくない?ということで今は後ろ足ハーネスにリードをつけてお散歩しています。

本人はノーリード気分でちょっと楽しそう。

ご飯中はちょっと手抜きしてドアノブに吊っておくことも…。

介護はさりげない手抜きがとても大事。

そして自分で歩くことがほぼ出来なくなっていたのですが、嬉しい事にこのハーネスをつけてせっせとお散歩していたら調子の良い時は自力で歩けることも増えてきました。

自力で歩く時もハーネスをつけたままでOK。
お皿の方がチヨちゃんに合わせるシステムです(笑)

以上、犬の介護が超捗るアイテム、自作後ろ足補助ハーネスのご紹介でした♪

スポンサーリンク

【追記】ベルトを使い始めて4ヶ月

チヨベルト(←商品名)を使い始めて4ヶ月が経ちました。

歩けなくなった時はチヨ自身が自信喪失したのか体調まで不安定になったり夜寝られなくなり、このまま弱ってしまうのかと心配していましたが、諦めずに試行錯誤して良かったなと思います。
気管虚脱など年相応の疾患はあるものの、上半身はまだ元気なチヨ。
補助さえすれば歩ける段階で諦めなくて良かったです。

そして嬉しい変化が。
ヘルニアにより感覚が弱まり、歩く時にまっすぐ伸ばしたままで足の甲を地面にこすりつけてしまう(ナックリング)状態だった左後ろ足ですが、最近はちゃんと膝を曲げ、腿を上げて歩くようになりました。

素晴らしい老犬パワー!
チヨも同居犬たみ(腎不全治療中)も色々あったこの1年ですが、来月は元気に17歳の誕生日を迎えられそうです♪

【追記】17歳の誕生日プレゼントは…歩行器チヨカー!

チヨちゃん、無事17歳の誕生日を迎える事が出来ました!

今年の誕生日プレゼントは、実用品。
塩ビパイプで作ったチヨカーです。

チヨベルトを引っ掛ける事で、歩行器として自分の力で歩く事が出来ます。

作り方などは以下の記事を参考にして下さい。

市販の後ろ足補助ハーネス

市販の後ろ足のみを補助するハーネスの中で、これなら身体に負担なく使えそうだなと思うものをいくつかピックアップしたので参考にしてください。

チヨは性格上&毎回脱ぎ着させるのが面倒なので自作しましたが、介護中はハーネスを手作りする暇もありません…。
市販のものでぴったりサイズが見つかれば、どんどん試して日々の負担を減らしましょう♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします