小5の長女、英検3級の2次試験(面接)も無事合格しました。
通っている英語教室では年に1回外国人の先生との面接試験があり長女は毎回満点なので、特別な練習はしなくても良いだろうと余裕だった私。

試験日の4日前、一度も練習しないのもな…と思い、試しに1次試験で使った過去問集の中から出題してみることに。

When did you start studying English?

長女

アット…ファイブ…オクロック!(5歳と言いたかったらしい)

 

やばいやばいやばいやばい…!

慌てて英検3級二次試験用の予想問題を買ってきました。

7日でできるシリーズですが、試験3日前から初めても大丈夫でした(笑)

スポンサーリンク

小学生に効果的だった英検3級対策

さて、長女が意外とヤバかった事に気付いた試験4日前。
翌日には予想問題を手に入れ、早速練習開始。

一次試験は勝手に勉強すれば良いですが、初めての二次試験は二人三脚でやってやるか…ということで、私はまず二次試験用予防問題の解説を読み、大体の傾向を掴むことから始めました。

面接官から出される問題は

  1. 音読
  2. 英文(パッセージ)の内容についての質問
  3. イラストを見て答える質問が2つ
  4. 受験者自身に関する質問が2つ

以上の6つ。
そして更に面接の部屋に入るところから出るところまでの態度まで見られるのだとか。

この流れとポイントを知らずに面接受けたら落ちてるわ…。

ここで長女に伝えた絶対に守るべきポイントは、

  • 英文に関する問題は、必ず文章の中に答えがあるのでそれを代名詞(例:People→They)に置き換えてそのまま読めばいい
  • 単語で答えるのではなく、間違えてもいいから文章で答える(How many~?と聞かれたら、数だけ答えるのではなく、There are (数).と答える)
  • 文章を作るのが難しくても聞かれたように答えれば大体あってる(例:What are you going to do this afternoon?→I'm going to read a book.)
  • 嘘ついてもいい(自分で英文を作れる事の方が大事)
  • 分からなくても黙らない(Let me see…とか言っときなさい)

これだけ教えてから予想問題集に取り組んだら、かなり良い感じに。
解答に書いてある模範解答とほぼ同じ答えが出来るようになりました。

英検3級二次試験・面接完全予想問題は7日でできるシリーズですが、量的には1日で面接7回分の練習も余裕。
実際長女はそんな感じで2,3日かけて数ターン練習しておきました。

付属のDVDには実際の面接の様子が収録されているのでイメージトレーニングにもなりますし、ダメな例を見て自分はどうかな?と考えることも出来ました。

一次試験の過去問集だけでは不安な場合は、絶対買い!な一冊です。

スポンサーリンク

英検二次試験当日の様子

試験会場は同じ市内にあるインターナショナルスクールでした。

指定の集合時間に行き、受付で受験票を見せたら面接カードを渡されるので氏名などを記入して指示された席で座って待ちます。
(親は面接カードの記入まで一緒にいて、その後は控室に移動、子供の面接終了後に出口で合流しました。)

周りはほとんど中学生。
同じ様な小学生がチラホラ…といった状況でした。

長女の場合、面接官は外国人の先生だったそうです。
予想問題のDVDでは日本人の面接官だったので、このあたりは色々なのでしょう。
それなりに答えられたそうで、ホッとした顔で戻ってきました。

結果は後日、インターネット&郵送で発表されます。

スポンサーリンク

英検二次試験の結果

試験直前に慌てて練習を始めたドタバタ二次試験でしたが、結果は以下のとおり。

肝心のQ&Aは何を聞かれてどんな答えをしたのか分かりませんが、まぁそこそこ。
リーディング(音読)とアティテュード(態度)は満点でした。
態度が良いってのは素晴らしいこと。

予想問題を繰り返し練習することで質問の傾向が見えてきますし、何より落ち着いて面接に臨む事が出来ると思います。

「たかが3級」と思わず、初めての面接テストなので対策はばっちりして(出来れば一次試験の合格を確認したらすぐに)本番を迎えられると良いですね。
まぁ3日前の練習でも何とかなります(笑)

何にせよ予想問題集は一冊買っておいた方が吉!
以上、小学5年生が初めて受けた英検3級二次試験(面接)のドキュメントでした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします