ボチボチ始めた小5長女の英語の多読。
どうせ読むなら大好きな本だけ読めばいい!ということで、長女が初めに選んだのはナショナルジオグラフィックの本でした。

以前買ってあげたナショナルジオグラフィックの図鑑が気に入っているそうで。

今回は多読に向いたペーパーバックの他、ハードカバーの本、子供の科学みたいな薄い冊子をご紹介します。 

スポンサーリンク

National Geographic Readers

ナショナルジオグラフィックの子供向けの本にも色々ありますが、長女の一押しはNational Geographic Readers

レベルがプレリーダー&1~3まで分かれているので、子供の習熟度に合わせた多読にぴったりだと思います。

1と2は文字数くらいであまり大きな差は感じませんが、3になると語数がぐっと増えて読みごたえがあります。

 

オールカラーでナショナルジオグラフィックならではのダイナミックな写真がいっぱいなので、読み進めるのが楽しいです。
写真に惹かれてもっと知りたい欲がかき立てられるのか、英文も一生懸命読んでいます。

National Geographic ReadersはAmazonで一部試し読み出来ます。
長女が選んだのは動物ばかりですが、自然科学や伝記など様々なジャンルが用意されています。

Cat Tales

Readersと一緒に「これ欲しい!」と頼まれたのは、猫の本。

こちらはハードカバーで文章量もReadersと比べるとかなり多いですが、カラーだし写真も多いので楽しそうに読み進めています。

英語自体はそこまで難しくなかったので、次は英検準2級と思っている長女にはちょうど良いかも。

National Geographic Kids

ナショナルジオグラフィックの子供の科学的な冊子「National Geographic Kids」も好評。
日本の子供の科学とは違いフリーペーパーみたいに薄い冊子ですが、内容は動物、スポーツ、科学などわりと充実しています。

雑誌のfujisanで定期購読も出来ます。

多読が目的なら、最初に挙げたNational Geographic Readersが一番おすすめです♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします