花粉辛いですね。
スギのアレルギー検査の結果、測定不能な11歳長女と私はスギ花粉が飛散し始めた今の時期が最も辛い…。

薬は飲んでいるし私は今年サプリも始めましたが、それでも辛い…。
それに私は強い薬を飲んでも別に気になりませんが、長女はまだ11歳。

長女はくしゃみ、鼻水、痒みが毎日続き、次第に咳が止まらなくなり気管支拡張剤やステロイドのお世話にもなることもしばしば。
そんな時は薬が効いて楽になるのでありがたいとは思いますが、出来る事なら最低限の抗アレルギー剤(オロパタジン&リザベン点眼)だけにしたいなという気持ちもあります。

そんな我々の辛い日々を少し楽にしてくれているのが、スプレーとお茶。
長女が埃だらけの小学校生活を乗り切っているアイテムをご紹介します。

スポンサーリンク

鼻がスース―するハーブのスプレー

まず最初は2年前から使い始めたハーブのスプレー、レスピレーションスプレー
主にマスクにかけて使っています。
詰まったりムズムズが止まらない鼻がいい感じにスース―します。

Amazon・楽天のレビュ―も上々。

私は香水とかアロマの類は苦手なのでこれを買う時もかなり悩みましたが、本当に買って良かった。
100%自然の成分で出来ているからか、不自然な香りがしないのが素晴らしい。

薬局で売っている普通のハッカ油はスース―し過ぎて気持ち悪くなりましたが、このスプレーはそんな不快感もなく鼻づまりを解消してくれるのでとても助かっています。

使い方は、鼻先や首、手首などに直接つけて深呼吸するもよし、マスクやハンカチにスプレーするもよし、自分の周りにスプレーして浴びるもよし。
…自分の周りにスプレーする時は他に人や動物がいないことを確認した方が良さそうですが。

今ムズムズして仕方がない人は即買いアイテムです。

より詳しい情報は公式サイトをご覧ください。購入も可能です。

ちなみに買って2年経ちますが、まだなくなりません。
コスパ最高。

スポンサーリンク

資生堂イハダアレルスクリーン

スプレーといえばもうひとつ、資生堂のイハダアレルスクリーンという商品。

顔にスプレーするだけで花粉やPM2.5からガードしてくれるという優れモノです。

ベタつく感じはなく、つけてすぐはアルコールみたいな匂いがほのかにしますが、すぐに気にならなくなります。
化粧崩れもなし。

効き目はスプレーした日としていない日では明らかに違う!という程ではありませんが、普段ならものすごい花粉を感じてヘロヘロになるような陽気の日でも中程度のアレルギー症状で済む感じ。
50gと100gの2種類が販売されていて、我が家は100gを家族で使っています。
比較的敏感肌の長女も肌が荒れたりすることもなく使えています。

スポンサーリンク

べにふうき茶

お次はべにふうき茶。

べにふうき茶に含まれる抗アレルギーメチル化カテキンの作用でアレルギー反応が抑えられるのだとか。
たかがお茶で…と馬鹿にしつつ試してみたらビックリですよ。
効果は2,3時間で薄れてきますが、鼻のムズムズも詰まりもかなり楽になります。

私は楽天のこのお店で買いました。

ひとつ注意すべき点は、粉末のべにふうき茶はいれてから時間をおくと光過敏性皮膚炎の原因物質(フェオホルビド)が生成されるそうなので、持ち歩きには適さないのだとか。
私は家でいれて即飲んでいます。
長女には朝食の時と帰宅した時、夕食の時に。

幼少期からの花粉の症状や薬、治療法、日常生活については以下の記事にまとめてあります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします