我が家のうずらのぶんじは、食料品売り場で買ったパックの卵から孵りました。

3パック(30個)温めて、孵ったのはぶんじ1羽。

うずらの人工孵化は自動孵卵器で孵す場合と比べてリスクが高く、更に食用の卵を孵すとなると確率も低くなります。

我が家はたまたま1羽だけ孵化して元気に育っていますが、無事孵化したとしてもうまく育たなかったり、卵の中で死んでしまうことも多いと聞きます。
命を扱うことですから、先の事やリスクも考えた上で計画をしましょう。

スポンサーリンク

うずらの人工孵化の方法

うずらはとても個性的な生き物。
人工孵化のご紹介の前に、以下の記事を読んで覚悟の上で臨んでください。

覚悟の上で孵化させる方の参考になればと思い、我が家の方法をご紹介します。

人工孵化の準備

001s

発泡スチロールの箱に電気毛布を敷き、その上にうずらの卵。
湿度を上げるため水を入れたコップを置きます。
湿度を50%、温度を37~38度。温め始めた日を0日として、17日間温めます。

保温の際、ホッカイロを使うのは避けた方が良いと思います。
ホッカイロは酸素を消費して発熱するため、箱の中が酸欠状態になってしまいます。

転卵&検卵

最初の14日間は3時間おき(深夜も)に転卵をします。
自由研究には、
「卵の中身がかたよらないようにするため(ヒナをきちんと成長させるため)」
と書いてありました。

3時間おきに携帯のアラームをセットしてひたすら卵を転がす日々…。
深夜の転卵も、授乳が出来たんだから大丈夫…と自分に言い聞かせて転がす日々…。

7日目くらいに検卵をしたら、有精卵と無精卵の違いがはっきりと。

↑無精卵

↑有精卵

5,6日目にはこの違いは分かりませんでした。
検卵が可能な時期になると、卵が動くとか血管が見えるという話もありますが、そんな様子は見受けられませんでした。

一応見た目の違いはあるものの、まだはっきりは分からないまま残りの1週間…
私はもしかしたら腐りかけの卵に話しかけているのかもしれない…
と心が折れそうになりながらも、見ていると卵の柄まで可愛く思えてきて、3時間おきに卵を愛で続けました。
(検卵の結果明らかに無精卵だった卵は庭の花壇に混ぜました)

このまま14日間転卵を続けたら、今度は少し湿度を上げて(水を入れたコップをひとつ増やした)放置します。

人工孵卵器について

20160525125905ef5s

長女の自由研究の資料。自作孵卵器。

「自動でふかさせてくれる『ふらんき』という機械が売っていますが、2万円くらいして高いので、自分で作りました。」
だそうです。

長女の言う“2万円くらいして高い専用の孵卵器”なら、深夜の転卵から解放され、温度・湿度管理も自作より確実なので、余裕のある方は孵卵器をおすすめします。

うずらの孵化に必要なものまとめ(自作)

孵卵器を自作する場合に必要なものは以下の通りです。

発泡スチロールの箱は何もわざわざ買わなくてもスーパーなどでもらえるかもしれませんね。
我々はネットで生体(多分メダカ)を購入した時にメダカが入れられていた発泡スチロール箱を使いました。

椙山紡織
¥3,460 (2018/05/23 18:18:50時点 Amazon調べ-詳細)

電気毛布。電気毛布というか電気ひざかけです。
シングルサイズの電気毛布じゃちょっと大きすぎますね。

温度・湿度計。
孵化には温度が重要。
指定の温度からオーバーしたらアラームが鳴る温度計が家にあったので、それを使いました。

孵化の方法で「湿度50%」と書きましたが、正直なところ湿度計は使っていません。
箱を開けた時にムワッとするくらいで。

私は家にあった電気毛布で温めましたが、孵化のためにわざわざ電気毛布を買う必要はありません。
電気毛布がない場合は、ペット用のヒーター&サーモスタットを用意した方が孵化後にも使えるので良さそうです。

これだけのアイテムが家にないなら、わざわざ自作グッズを購入&夜中も起きて転卵するよりも、自動孵卵器を選んだ方が効率が良いと思います。

しつこい様ですが、孵化させるなら孵化した後のこともよーく考えましょうね。

スポンサーリンク

うずらの孵化

さて、卵を温め始めて17日目の2015年4月26日21時過ぎ…

うずら

生まれたー!

※孵化したらすぐにヒナの飼育が始まります。慌てないために準備をしておきましょう。

※うずらはお住まいの自治体によっては家畜伝染病予防法に基づく定期報告書の提出が義務付けられています。私が住む県では、1羽でも飼育していたらその目的に関わらず提出することになっています。

スポンサーリンク
うずらのことはおまかせ!

小さな小さなかわいいうずら。

せっかく飼うなら、終生幸せに出来るように、
うずらのあんなことやこんなことも全部お勉強してから飼いましょう♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします