算数に特化したタブレット教材「RISU」体験レポはこちら
絵本

ないしょのおともだち(絵本)は大人になっても持っていたい素敵な一冊

ないしょのおともだち」という、マリーとネズミ、マリーのむすめのマリアとネズミのむすめのネズネズの物語をご紹介します。

優しい世界です。とても。
子供の頃に読んでいたら、この世界観にぐぐっと引き込まれて心がポカポカしそう。

ないしょのおともだち・レビュー

マリーと、マリーの家に住むネズミは、他の誰もが知らない内緒のお友達。
毎晩こっそり挨拶をします。

そんなマリーとネズミは大人になり、家を出て家庭を持って会うことが出来なくなりました。
でもその後生まれたマリーの子供のマリアとネズミの子供のネズネズは…?

絵がとてもきれいで優しくて、お話もほんわか優しくて、子供達が大好きな一冊です。

小さい頃は読み聞かせにも良いし、少し大きくなったら一人でじっくりと絵を見比べながら楽しめます。

ないしょのおともだち」が気に入ったら、続編「ないしょのかくれんぼ」も是非合わせて読んでみましょう。もっと深くもっと楽しめる内容になっています。

女の子へのプレゼントにもおすすめの2冊です。