算数に特化したタブレット教材「RISU」体験レポはこちら
勉強に役立つ本

Newsがわかる・定期購読をしています&他誌との比較

なぜか社会情勢をやけに気にする次女。

内容はどう見ても高学年向けですが、1年生の時から「月刊Newsがわかる」を定期購読しています。
届いたら1回読んで終わりではなく、何回も読み直し、過去号の関連記事を引っ張り出して読み漁り…(笑)

Newsが分かるの表紙にはやはり「10歳からのニュース百科」と書いてありますが、とても分かりやすい内容なので1年生当時からほぼ理解している様子でした。

小学生新聞と比較した結果

次女は色々な世の中の出来事を気にして、私に質問してきます。
答えてあげられる範囲で答えてあげていましたが、また同じことを聞いてきます。

…頭に入ってないんじゃないの?

やっぱり疑問は自分で調べたり考えたりしないとダメだわ。

というわけで初めは小学生新聞のようなものを購読しようかなと考えました。

小学生新聞比較

小学生新聞で有名なのは、

この3紙。

毎日届くものと、毎週届くものがあります。
毎日届くと大人の新聞みたいで楽しいし、新しい情報が次々と入ってくるのでためになりそうです。
朝日小学生新聞は中学受験に強いと言われてますね。

が、毎日届くと我が家のズボラ娘達は大して読まずにバラバラにするオチが見えています。

それに我が家は中学受験の予定もなければ、主に読む次女はまだ当時1年生。
毎日・毎週はまだ必要ないかなと思いました。

月刊Newsがわかる・月刊ジュニアエラ

なんとなく社会の情報を知れたらいい。
そこで次に比較したのが月刊誌。

月刊誌で比較したのは、
毎日新聞の「月刊Newsがわかる」と朝日新聞の「月刊ジュニアエラ」

月刊Newsがわかる

【月刊Newsがわかる】
毎日新聞社
1冊定価460円
定期購読は12冊で5400円(1冊あたり450円)
毎月15日発売
サイズA4・68ページ前後

定期購読(Fujisan.co.jp)

月刊ジュニアエラ

【月刊ジュニアエラ】
朝日新聞社
1冊定価490円(デジタル版は480円)
定期購読は12冊で5880円(デジタル版は5400円)
毎月15日発売(デジタル版は22日発売)
サイズA4・55ページ前後

購入・定期購読(Fujisan.co.jp)

2誌を読み比べ、子供達が「こっちがいい!」と言ったのは、月刊Newsがわかるでした。

日刊・週刊と比べると新鮮なニュースは入ってこないかもしれませんが、その月に起こった出来事がギュッとまとまっているので、低学年・中学年には読みやすいです。

それにただでさえ学校の宿題や習い事、日々の遊びに忙しい子供達は毎日同じように新聞を読む事が難しいので、好きなタイミングでのんびり読める月刊誌がやはりちょうど良いと思いました。

月刊Newsがわかるを定期購読をして2年目になりますが、途中で読まなくなることもなく、過去の号も時々読み返してボロボロにしています(笑)

次女みたいな子は低学年から、普通の子は小学校3,4年生~高学年で定期購読をおすすめします。