算数に特化したタブレット教材「RISU」体験レポはこちら
勉強に役立つ本

ドラえもん・社会ワールド「政治のしくみ」で子供と政治について学んだ。

次女は幼稚園の頃から安倍総理大臣が大好き。

次女
次女
安倍総理大臣、良いこと言ったよ!子供の未来に!だって!

と、今朝も随分興奮していました。

次女
次女
で、政治家って何するの?

と聞かれた私。

自分では分かっていても、子供に分かるように説明出来なかった…無念。

それに多分私もまだ知らない事もあるだろうから一緒に勉強してみましょう。
というわけで、本を一冊購入しました。

ドラえもん社会ワールド ー政治のしくみー

ドラえもん社会ワールドシリーズの中から、政治のしくみをチョイス。
子供でも分かりやすく、当時2年生の次女もすんなり理解が出来た様子。

ドラえもん社会ワールド「政治のしくみ」レビュー

ドラえもん社会ワールドシリーズの良いところは、写真、文章、漫画のバランスがとれている点。

文章でもきっちり解説するけれど、それだけでは理解しづらい箇所を漫画(ドラえもんの一場面)で分かりやすくフォローしてあるので子供の頭にすんなり入っていくみたい。

逆に漫画では伝えきれない部分を文章でがっつりと分かりやすく解説してあります。

低学年のうちは漫画だけでも良いと思います。
まずは興味感心を持つきっかけになってくれそうです。

次女は最初から政治について知りたがっていたので文章も漫画も夢中で読んでいました。
やはり私も知らなかったことがたくさん書いてあり、大人でも勉強になります。

選挙中は日常の中で最も政治を間近に感じられる期間かもしれません。
どうしてあの人はマイクで喋っているのか、どうしてお母さんは休みの日に体育館に行って何か書いて出しているのか、それがこの本を通してスッキリ分かると思います。
そして一票がどれだけ大切なものなのかも。

子供達は月刊ニュースがわかるが好きで定期購読しています。

あわせて読みたい
Newsがわかる・定期購読をしています&他誌との比較なぜか社会情勢をやけに気にする次女。 内容はどう見ても高学年向けですが、1年生の時から「月刊Newsがわかる」を定期購読しています...

そのため並の小学生よりは社会の知識はあると思いますが、ドラえもん社会ワールドではひとつひとつを掘り下げてより詳しく知ることが出来るので、今回「政治のしくみ」を購入してとても良かったです。これから他のテーマも読んでいきたいと思います。

6年生では国会議事堂へ社会科見学に行った長女も、この本を事前に読んでおいてゆとりを持って本物の空気を感じてくることが出来た様です。