はじめにお読みください

フォルツァ10リナールアクティブ試食レビュー

イタリアの療法食、「フォルツァ10リナールアクティブ」のご紹介です。

一般的な処方食・療法食で謳われている低たんぱく・低リンに配慮されているだけでなく、腎機能の健康維持に役立つフィトケミカル(植物栄養素)も配合。
マウス耳ヤナギタンポポ、ハギ、アメリカンクランベリー、セイヨウタンポポ、ベアベリーなどの植物成分が、利尿・解毒・膀胱粘膜の修復・回復などに良いのだとか。

たみは数値がイマイチな時は腎臓に良いと言われているたんぽぽ茶を飲ませています。
フォルツァ10リナールアクティブにタンポポが使われていると知った時、これは良いご飯かも♪と思い、早速購入しました。

フォルツァ10 リナールアクティブレビュー

フォルツァ10リナールアクティブは100gのお試しパックが売っています。

たみもまずはテイスティングパックを購入。

中身は↓こんな感じ。

匂いは全然きつくなく、犬用のクッキーとかビスケットに近いかな。
開封直後ということもあると思いますが、ドライフード特有の脂っぽい匂いはしませんでした。

そして中身は可愛いハートのタブレット(?)入り。
薄茶色のフードの他に、2種類の「AFS(アクティブフレッシュシステム)タブレット」が入っています。

2種類のAFSタブレットには、腎機能に配慮したフィトケミカル。

  • マウス耳ヤナギタンポポ
  • ハギ
  • アメリカンクランベリー
  • セイヨウタンポポ
  • ベアベリー

が配合されています。

2.5kgの犬の1日の給与量が60g、1日2回与える場合は1回あたりの量はこのくらい。

おっ!早速食べました!

…?
もう終わり?

3分の1くらい食べたところで飽きました。

たみの場合、この調子だと何日も続けては食べないかなー?というのが正直なところ。

腎臓用の療法食って一番小さい袋が800gとか1kgだったりするので、食べるか食べないか分からない&その日によって食べたいものが違う腎不全の犬にとってこのような100gのテイスティングパックは嬉しい存在です。

たみのフードは基本はウェットですが、100gのドライフードをおやつ代わりに1,2袋ストックしておこうかなと思っています♪