老犬生活

犬が食後に吐く…治療と原因、対策について【パピヨン17歳の胃拡張】

投稿日:2018年12月16日 更新日:

我が家の長老チヨ(パピヨン17歳)、食後によく吐くようになりました。

犬ですから「よく吐く」というのは、その後元気にしていれば異常ではないとも言えますが、チヨの場合、吐いて詰まらせる=命に関わる問題なので、なんとかしなければなりません。

チヨは半年前と3ヶ月前、寝ている間に痰を喉に詰まらせて窒息しました。
ほんの数分発見が遅れ、自宅での応急処置が出来なかったら確実に命を落としていました。

関連記事
犬も痰が絡むらしい。老犬が誤嚥で窒息した話【応急処置・治療について】

17歳になったパピヨンのチヨ、死にかけました。 原因は気道分泌物(痰)の誤嚥。 人間と同じで犬も高齢になると痰の誤嚥による誤嚥性肺炎や窒息の危険があると初めて知りました。 あと2,3分、気付くのが遅か ...

続きを見る

関連記事
犬が痰を詰まらせた時の応急処置と治療、その原因について【パピヨン17歳】

チヨ(パピヨン17歳)、痰の様なものを喉に詰まらせて窒息したのが約3ヶ月前。 恐れていた事が再び起こりました。 今回もチヨが寝ている時に粘度の高い分泌物が気道を塞ぎ、呼吸が出来なくなりました。 前回は ...

続きを見る

この時は過剰な気道分泌物(痰)が寝ている間に気道を塞いだものと考えられ、異常な量の痰の原因は何かと日々探った結果、おやつ代わりに与えていた粉末の流動食ではないかと、何となくですが推測出来ました。

その流動食を与えるのを止め、念のため痰きりの薬(ビソルボン)を飲ませる事で過剰な痰の分泌はなくなったのですが、今度は食後にヒーヒー鳴きながら歩き回った挙句、吐くという困った現象が起こるようになりました。

気管虚脱のチヨに飲ませているテオドールの副作用ではないかと服用を中止し様子を見たところ、丸一日吐かなかったのでやっぱり!と思った直後にまた同じ症状が出たので、テオドールだけが原因ではないかなと。

老犬が喉に異物を詰まらせる原因

獣医さんに相談したところ、チヨが吐いたものや痰を詰まらせる一番の原因は、一言でいうと老化による機能の低下だそうです。

原因をより詳しく調べるには、体に負担がかかる大がかりが検査が必要。
検査をして原因を突き止めたところで、治療となると外科手術
それは高齢で、もともと呼吸器の弱いチヨが選択出来る治療法ではありません。

そうなると今出来る事といえばとにかくチヨを吐かせないこと。
吐かなかったらこっちのもんだという事で、原因を探りつつ対策を練ることになりました。

犬の食後の嘔吐対策

診察の中で獣医さんから教えてもらった可能性としては、

  • 胃袋と食道の間の下部食道括約筋の機能の低下(人間で言うところの逆流性食道炎のような状態)
  • 消化器官そのものの機能低下
  • 胃拡張(食後に胃にガスが溜まる)

この3つ。

特に胃拡張に関しては、運が悪ければ胃捻転を起こす可能性もあるとのこと。
胃捻転といえば大型犬の疾患と思っていましたが、高齢の小型犬にも多く、特にダックスは注意が必要とのことでした。
チヨはパピヨンですが。

どうして高齢の小型犬にも起こるのかというと、人間も犬も加齢とともに体のあちこちが弛んできます。
胃にガスが溜まりパンパンになり(胃拡張)、通常であれば胃をしっかりと支えているはずの周囲の靭帯が弛んでいるがゆえに何かの拍子に胃がクルッとひっくり返り、胃捻転を起こしてしまうのだとか。

胃捻転にまでなってしまったら命に関わる大問題です。

そこで胃にガスを溜めない様に、消化の妨げになるものを極力排除した食事の工夫をしたところ、今のところコントロール出来ているので、記録がてら記事にまとめていきます。

老犬の胃拡張対策

獣医さんに頼んでチヨに処方していただいている薬は、ガスモチン(消化管の動きを良くする)・ガスコン(胃の中のガスを抑える)・ビソルボン(痰きり)の3種類。
この他に頓服として制吐剤のセレニアを貰っていますが一度使ったきり。

これまでに人間の逆流性食道炎でも使われるタケプロンや胃を保護するスクラートも試しましたが、現在はひとまず上記3種類を継続してみています。

食後に起こる症状なので、食事の与え方も消化器サポートを流動食状にして小分けに与えてみたものの、やっぱり吐く。
胃の負担にならないようにと手作り食を試してみたりもしましたが、私の力量不足でどんどん痩せてきてしまうしまだ吐く。

最終的にペースト状にした市販のウェットフードを複数回に分けて与える事と、サプリを追加する事で落ち着きました。

↓ミルサーにウェットフードとお湯、フリーズドライの野菜を入れてペースト状に

↓1回に与える量はペーストをスプーン1杯くらい(朝夕は大さじ2くらい)

↓お湯を加えて緩くします

いくら消化しやすく緩くしたからといって大量に与えると結局胃がパンパンになるので適量を意識して。
与える前にお皿をテーブルの上に何回か落としてご飯の中の空気を抜きます。

チヨに現在食べさせているのは、アニモンダのウェットフード「フォムファインステン」
シニア用とアダルト用をローテーションしています。

フリーズドライの野菜はプライムケイズの健康一番ダイエット。穀物不使用の方です。

使っている電動ミルは象印

関連記事
ミルミキサーのおすすめは象印ヘルシーミックスBM-RT08【介護食作りに】

ミル付きミキサーを買い替えました。 今まではイワタニのミルサーを使っていたのですが、中の部品が壊れ、部品を交換したらそれがまたすぐに壊れ…買い替える事に。 色々と比較して今回購入したのは象印ミルつきミ ...

続きを見る

まぁでも普通に考えてご飯を変えただけでここまですんなり症状がなくなるというのも変な話なので、処方してもらったガスコンと、新しく始めた消化酵素のサプリが良い仕事をしているのかもしれないなというのが私の結論。

サプリはC&Rベジタブルエンザイム

楽天のレビューにガスが溜まりにくくなると書いてあったので試してみたら、本当に良さそう。

ご飯は1日に何度も食べていますが、サプリは1日2回、朝夕のご飯に混ぜています。
1日の量は体重7kg以下はティースプーン1/4杯と少量で済むのでコスパも良いしご飯の味の邪魔もしていない様子。

チヨ的にこれはとっても良いサプリ。
「タンパク質と脂肪の消化のための天然酵素」ということなので、もしかして腎不全の同居犬たみにも良いんじゃないの?と思いつつまだ冒険出来ずにいます。

膵炎になりやすい子、病気ではないけれど消化に不安のある子にも良さそうです。

チヨちゃんの最新お世話情報

現在チヨは18歳。ご飯や使っているサプリメントの内容は、年齢とともに体調をよく観察し、かかりつけの獣医さんと相談の上、少しずつ変えています。


最新のチヨの食事やお世話については以下の記事にまとめてあります。参考までに合わせてお読みください♪


パピヨン18歳、元気の秘訣は気合と食欲【日常のケアと介護】


関連記事

-老犬生活

Copyright© けだま生活 , 2019 All Rights Reserved.