ごはん【犬】 フード【猫】

ドッグフードの評価は嘘ばっかりだよ!というお話

投稿日:2018年7月8日 更新日:

ドッグフードを購入する際、何を参考に決めていますか?

  • 獣医さんからのおすすめ
  • トリマーさんからの情報
  • 犬仲間からの情報
  • 店頭で目に止まったもの
  • 店員さんのおすすめ
  • ネットの情報(Amazonや楽天のレビュー、個人ブログの感想・ドッグフード評価サイト

など様々ですが、中でもネットの情報を参考にする方が特に多いのではないかなと思います。

この記事で言いたい事を初めにお伝えしておくと、

  • 私はアフィリエイト目的のドッグフード情報サイトが大嫌い
  • 「アフィリエイト目的ではありません!」と、見せかけてアフィリエイト商品を売りまくるサイトが大大大嫌い

以前からこの主張はずっと続けていましたが、色々あって心の底から嫌いになりました。

少し前まではいかにもなランキングサイトや評価サイトが乱立していたので、ある意味分かりやすく自衛もしやすかったのですが、最近は少し傾向が変わってきました。

個人の犬好きを自称し、アフィリエイト商品だからという理由でせっかくの良質なフードを避けるのは勿体ないと訴えた挙句、大手メーカーの、それも療法食までをもさりげなくディスってアフィリエイト商品を推すサイトも増えてきました。

私は別に大手メーカーのドッグフード推しではありません。
健康な犬ならば良質で体質にあったご飯をしっかり食べてくれれば良いと思います。
アフィリエイト商品が体質に合っているならそれでいいし、原材料にこだわって作られたというおすすめフードの情報を提供する事は間違っていません。

もし仮にイチオシとしている商品がアフィリエイトから撤退してもSランクのフードとして紹介し、ランキングの上位を独占させ続けるのであればの話ですが。

また、食事療法を必要とする病気になった犬や猫の切羽詰まった飼い主に、「R社のフードには危険な添加物が」とか「大手フードメーカーと動物病院には癒着が」なんて情報を与える事は絶対に許せません。

例えば腎不全の犬用に向けた低たんぱく低リンのフードなら他にもたくさんあるのに、フードについて学び、ひとつひとつのフードを詳しく調べ、犬や猫のためにより良いフードを紹介すると自称する管理人が、大手メーカーのフードをディスり、アフィリエイト商品を推す。
病状に合った大手メーカーの療法食を使うという選択肢を無きものとした罪は重いです。

添加物なんて気にせずにロイカナのリキッドを与えていたら助かった命がそこにはあったかもしれないのに、その機会を奪った罪はとても重いです。

ドッグフードのランキングってどうやって作ってるの?

初めに断っておきますが、ドッグフードを紹介している全てのサイトがいい加減なものでありません(と思います)。
しかしこのようなサイトがとても多い現状を飼い主さんは知っておくべきなので、ちょっと解説してみることにしました。

犬好き奥様
うちのわんちゃんに良さそうなドッグフードを知りたいわ♪

犬好き奥様は「ドッグフード おすすめ」「ドッグフード ランキング」などのキーワードで検索してみました。

犬好き奥様
どのサイトでも「わんこちゃんのごはん」の評価が高いわ。
きっととても良いフードなのね♪

「わんこちゃんのごはん」の販売価格は3,000円。

店頭で売っているフードと比べると若干割高ですが、「ヒューマングレード」で「高タンパク」でとても良さそうなフードです。
どのサイトでも高評価ということは、間違いなく上質なフードなのでしょう。

と、純粋に愛犬のためにドッグフード探しをする飼い主は思うでしょう。
そしてとりあえず「わんこちゃんのごはん」を買ってみます。

さて、「わんこちゃんのごはん」は確かに本当に上質なフードなのかもしれません。
しかしどのランキングサイトでも同じように評価されるほど素晴らしいフードなのでしょうか。

サイト管理者側の立場になってみましょう。
「わんこちゃんのごはん」の販売価格は3,000円
自分のサイト経由で1袋売れると、メーカー側から3,000円の報酬が支払われます。

ご自身のブログで楽天アフィリエイトをやったことがある人なら分かると思いますが、自分のサイト経由で商品が売れたとしても報酬はせいぜい売上金の1~5%の楽天ポイント(楽天キャッシュ)が入るだけ。
「わんこちゃんのごはん」で得られる収益がいかに大きいかがお分かりになると思います。

一見販売会社に利益がないように思われますが、その後継続して3,000円のフードが売れ続ければ良いのでしょう。

サイト管理者からするとフードが1ヶ月に100個売れたら、30万円の報酬を手にすることになります。
こんなうまい話はないですよね。どうにかして売りたいと思います。
それがランキングに反映されているのです。

最近は報酬順のランキングではありません!なんて言い、蓋を開けてみればランキングの上位のほとんどがアフィリエイト商品。
確かに報酬順ではなく、アフィリエイトではない商品も混ざっているものの、それは報酬目当てだと思わせないための手口なんじゃないの?(知りませんけど

ランキングサイト・情報サイトのゴールはひとつ

Googleの検索結果は日々変動があるのでこの通りの検索結果が出ないこともありますが、参考までに愛犬に良さそうなドッグフードを検索してみます。

まずはパピヨンにおすすめのドッグフードを調べてみましょう。

パピヨン ドッグフード

高たんぱくでグレインフリー、ヒューマングレードの「わんこちゃんのごはん」がおすすめ!

あれ??

今後はじゃあ…例えば涙やけに悩む犬のご飯を探しましょう。

犬 涙やけ フード

「わんこちゃんのごはん」がおすすめ!

あれ???

ドッグフードのランキングサイトなら何となく察して「わんこちゃんのごはんですね、はいはいw」と流せるというかランキングサイト自体を見ませんが、このようにドッグフード関連のキーワード以外にも無理矢理ねじこんでくるのがまたいやらしい。

こういった収益を目的とするサイトでは、まず初めにゴールを設定します。
この場合「わんこちゃんのごはん」ですね。
だからどの記事を真面目に読んでも結局は「わんこちゃんのごはん」にゴール。

Amazonや楽天で販売している商品はその販売ページに誘導することも多いですが、公式HPのみの販売でアフィリエイト報酬が一切得られないフードに関しては公式サイトへのリンクよりも自サイトのランキング記事やアフィリエイト商品の紹介記事へのリンクを目立たせて誘導されがちです。

そこまでしておいて「このサイトはアフィリエイト目的ではありません!」と主張する悪質なサイトも存在します。
健全なサイト運営をしている管理者様なら別にこんなこと言われても屁とも思わないでしょうし、むしろ同意してくれるのではないかと思います。

この手法は報酬を得てサイトを運営している側のモラル問題であり、こうした広告の出し方をしているフードの全てが如何わしいかというと、そうとは言いきれませんが。

情報選びは自己責任

犬や猫の病気に関する情報は、ネットのどの情報よりもかかりつけの信頼できる獣医さんから得られるもの。
私は自分の犬が病気になった時、他の飼い主さんのブログに書き綴ってあった闘病記がすごく参考になったので、これからの人のためにもと思い事実を書いていますが、それは私の犬の体験談でしかありません。
100%同じ様にしたところでどの犬にも同じような結果が出るとは思いません。

私がこうしてアフィリエイトサイトについて個人的な見解を語っていたら、

  1. 自分は間違った情報を1つも発信していないと胸張って言えるのか
  2. 感情的にアフィリエイトサイトやライターを批判する様子は「自分に自信がないのかな?」と感じる
  3. ブログなどで他サイトの悪口をいったところで何の解決にもならない
  4. (このブログの)発信の仕方に不信感を覚える
  5. 愛犬の病気を利用して広告収入を得る管理人

この様なご意見をいただきました。
(4.5はおそらく私のことであろうと推測される書き込みです。「犬の介護や腎臓病に関する体験談ブログ」と書いてあっことと、前後のツイート、おそらく同一人物から送られたメールの内容から推測。)

ブログの読者と名乗り、1~3のご意見をいただき、私の記事で不快な思いをされた方がいるのかと反省し、今後のあり方を深く考えましたが、その後4.5のツイートその他を偶然見つけ、辿ってみるとこの意見の主はとあるドッグフードの情報サイトの運営者でした。

以前までは常に検索結果の上位にあり、サイト名やURLを見ただけでアフィリエイトサイトであると判断出来るので一度も開いたことがなかったのですが、この機会によく読んでみたら手の込んだとても良く出来たアフィリエイトサイトでした。
実際、アフィリエイトの教材としても使用されているサイトです。

これでもう決定的に大嫌いになりました。
大嫌い?というか嫌悪感?

情報の取捨選択は自己責任。とても気持ちの悪いネット社会です。
ネットで情報収集するのなら、まず目の前の犬を見ること。ドッグフードの成分を自分で読んで調べること。
その上でネットの情報の中で自分に有益なものを見極めるスキルが必要なのかもしれません。

何が言いたいかと言うと、ドッグフードを選ぶなら小奇麗なランキングサイトより楽天とかAmazonのレビュ―を見た方が良いですよということでした。
レビューの中にはサクラもいるでしょうが、ゴリゴリのアフィリエイトサイトを見るよりもずっとマシです。

関連記事

-ごはん【犬】, フード【猫】

Copyright© けだま生活 , 2019 All Rights Reserved.