鳥とのふれあい&近くで見られる動物園・鳥スポット

2016年9月19日

掛川花鳥園

我々は鳥が大好きです。
特にぶんじが生まれてからはお出かけ先も鳥。

昔横浜のマリンタワーにあったバードピアが私の一番のお気に入りでした。
2005年に閉園してしまい、鳥たちは別の施設に引き取られていきました。

ということで、現存する鳥スポットのご紹介。
鳥スポットは現在進行形で新規開拓しているので、新しい情報が入り次第追記していきます。

掛川花鳥園

掛川花鳥園

 なんといっても一番は鳥好きの聖地「掛川花鳥園
静岡県掛川市にあります。
バードピアの鳥の一部は神戸花鳥園と、ここ掛川花鳥園に引き取られたそうです。

中に入るとカモやフクロウがお出迎え。
施設内の要所要所で鳥のエサが売られています。
そのため本気で楽しみたいなら入園料の他に小銭が必要だけど両替機もあるので安心。

掛川花鳥園

 鳥によってエサが違うので、エサ代だけで意外とかかるかも^^;

掛川花鳥園 オニオオハシ

 オニオオハシは見た目のインパクトと違い、
人間の指を食べないようにそーっとエサだけくわえて食べる優しい子。

掛川花鳥園

 エミューやペリカンなど、外にもたくさんの鳥がいて、もちろんエサをあげられます。
時間によってはショーもやってます。

そして2016年7月、ハシビロコウさんも仲間入りしたそうです。
早く会いに行きたい!

料金は、
中学生以上:1,080円
小学生:540円
幼児:無料
60歳以上:865円
の他にエサ代が必要です!

公式サイト:http://k-hana-tori.com/

鳥さんピーピー

長女は掛川花鳥園の感動が忘れられず、
小学校2年生の図工の時間に花鳥園の思い出を絵に描きました。
タイトルは「鳥さんピーピー」w
やはり気持ちがこもっていると選ぶ側にも伝わるようで、何かに選ばれてましたよ。
何かに…なんとか美術展?そんな感じの何かに(笑)

富士花鳥園

DSC05652

 掛川花鳥園か、富士花鳥園か、どっちに行こうか迷う方も多いと思います。
富士花鳥園のすばらしさ、掛川花鳥園との比較記事は↓こちらをご覧ください。

キャンベルタウン野鳥の森

埼玉県越谷市にあるキャンベルタウン野鳥の森では、
バードケージの中でたくさんの鳥が飼育されています。
※花鳥園のようにふれあいやエサやりは出来ません。

中に入ると、

オーストラリアガマグチヨタカ

 オーストラリアガマグチヨタカがお出迎え。(後ろにエミューもいます)
一瞬、ギョッとしますがしばらく見てると可愛く思えてきます。

オーストラリアガマグチヨタカ

 起きてる時はこんな感じ。なんでこうなるの。

野鳥の森

バードケージに入ると、
キンカチョウをはじめ、たくさんのインコ、水鳥が放し飼いにされています。

野鳥の森

 とかいって全然鳥の写真撮ってなかったんだけど…。

料金は、高校生以上100円、小中学生50円。
公式サイト:http://yacho-nomori.kosi-kanri.com/

お財布に優しい鳥スポットでした^^

大宮公園小動物園

dsc06029

 さいたま市にある大宮公園小動物園に行ってきました。

ここは大宮公園内にある無料の動物園。
無料といえど色々な種類のサル・ツキノワグマ・ブチハイエナ・カピバラなどがいる他、鳥類が豊富です。

小規模ながらバードケージがあり、間近で鳥を見ることが出来ます。もちろん我々はこれが目的。

dsc06035

 バードケージで飼育されている鳥は入口に掲示されています。

dsc06028

 中に入った瞬間、ポッポーポッポーとハトの鳴き声。
餌をあげたり触れ合ったりはできませんが、鳥の方から近くまで近寄ってきてくれます。

dsc06036

 上の章で紹介したキャンベルタウンよりもかなり友好的というか、警戒心がないというか。
可愛い鳥たちです。

dsc06027

 シロクジャクもホロホロチョウも実にまったりと。

家からはちょっと距離があるのでこれだけのために何度も訪れるのは難しいですが、近くにいたら毎日でも遊びにきたい小さな動物園でした。

開園時間:10時~16時
入園料:無料
休演日:月曜日
公式サイト:http://www.parks.or.jp/omiyazoo/

関連記事

-

Copyright© けだま生活 , 2019 All Rights Reserved.