猫のウンチを人間のトイレに流すと詰まるという話を聞いたことがあります。

我が家の先住猫(とらじ)は便秘気味なので2日おきに1回しかしませんが、新入り猫(テツ子)は毎日快便!1日2回必ず出します。
とらじが出した日は2匹分、しかもとらじは便秘の固い固いウンチなので、いつ詰まるかヒヤヒヤ…。

今使っている猫砂は紙製のトイレに流せるタイプ。
実際にウンチで詰まったことはないのですが、巨大なウンチとそれに付着する猫砂が多すぎて詰まりかけた事はあります。

更に犬も2匹いるので、トイレシーツのゴミも増えます。
おまけにとらじは猫トイレではなくトイレシーツで用を足し、おまけに丁寧に包む(笑)

いつも

そのまま置いておいてください

って言ってるんだけど、猫なので包みたいそうです。

スポンサーリンク

猫(犬)トイレ用ゴミ箱設置

さらにとらじはオシッコの途中で盛り上がってくると立ち上がって後ろに飛ばしてしまうので、トイレ回り一面シーツだらけ…。

飛ばすからわざわざ買ってあげたフード付きの猫トイレも時々使うけど、上半身だけ入って下半身は外に出したままするので念のため猫トイレ前に敷いてあるトイレシーツをも大きくはみ出して床に水たまりを作ります。
しかもそれを気にして埋めようとするので、広がる広がる。

そんなわけで、大量のトイレシーツの犬と猫の汚物は全部まとめて燃えるゴミに捨てることにしました。
今住んでいる自治体の可燃物の回収は、月・木の2回。
※ゴミの分別はお住まいの自治体の決まりにそって行ってください。

その間に臭いが漏れたり、夏場に虫が湧く事だけは絶対に避けたい。

昨年から使い始めた台所の生ごみ用の密閉ゴミ箱は臭いは漏れませんが、袋の設置や開け閉めが面倒なので同じゴミ箱は買わないつもり。

でも密閉ゴミ箱の臭いの漏れなさ、虫の侵入を防ぐ実力は素晴らしいので、猫トイレ用のゴミ箱も密閉のものを探すことにしました。

密閉ゴミ箱探し

密閉ゴミ箱といえば、赤ちゃんのオムツ用や最近はペット用も販売されている専用カートリッジのゴミ箱があります。

Amazonのレビューも良さそうだし、おむつポットということにはなっていますが、犬猫の汚物用として使っている人も多いみたい。

猫トイレ専用ゴミ箱「リターロッカ―」も評判は上々です。

ただ、私の傾向からして専用カートリッジをこまめに買い足すのが面倒臭い…。

というわけで実際に購入して使っているのは、アスベル密閉プッシュペール20L

私このゴミ箱大好きで、初めは犬猫トイレ用にひとつ買いましたが、現在家に5個あります。
台所(可燃物とプラスチックゴミ)に2つ、
犬が毎日お漏らしをするのでトイレシーツの消費が激しくゴミが増えたので猫トイレと犬トイレそれぞれに1つずつ、
2階の犬猫トイレに1つ。

スポンサーリンク

アスベル密閉プッシュペール20Lレビュー

普通のゴミ箱なので、レビュー!というほどのものではありませんが…。

袋は金具でぴったり止める事が出来るので、ドサッと捨ててもズレることはありません。
捨てる時に余裕を持たせたいので、ゴミ箱は20Lとなっていますが、私は30Lのゴミ袋を使っています。

ちなみに上で書いた台所(生ごみ用)で使っている操作性の悪い密閉ゴミ箱も、同じメーカーの11Lのゴミ箱
こちらはどうやら袋を設置せずに直接生ごみを中のバケツに入れるというコンセプトだった様で、袋をかけたい私のニーズには合いませんでした。

その点、密閉プッシュペールは袋をしっかり固定できて、開け閉めもワンタッチなのでとても楽。

たまに猫がプッシュしてて部屋中がとんでもない臭気に包まれていることもありますけど…。

ラベルは↓この通りきれいに剥がせます。

このゴミ箱に汚物を含んだワイドサイズのトイレシーツ10~15枚前後(3~4日分)+猫砂3Lくらい+うずらのケージに敷いているトイレシーツ2枚と敷き藁を詰め込んで、まだ少し余裕があるくらい。

尚、しっかり密閉出来ても開けた時の臭いは強烈…。
私はバッ!バッ!と超高速開け締めをしていますが、その隙に消臭スプレーを噴射すると部屋に広がる前に臭いを防げます。

消臭スプレーといってもニオイで誤魔化すのはかえって臭くなるので、私はペットの目や口に入っても安全なカンファペットという次亜塩素酸スプレーを使っています。

消臭だけでなくトイレ回りの掃除や消毒など、これ1本で綺麗になるので気に入ってます。

ここ数年迷走していた我が家の犬猫トイレの処理方法が、これでひとまず落ち着きました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします