おすすめ商品

ペットと一緒に入れる霊園を探しに行きました【見学~購入】

父が亡くなったのでお墓を探すことになりました。

父と昔実家で飼っていた犬(遺骨がずっと実家にあった)、いずれ母が入るためのもので、子供は姉と私だけなので跡継ぎはなし。

高知県にある父の実家の代々のお墓もそろそろ墓じまいをと言っていた矢先に父が亡くなったこともあり、

  • 姉や私が後で困らない(墓じまいの必要がない)
  • 実家の犬も埋葬出来る
  • 立派な墓石はいらない(樹木葬がいい)
  • 交通の便がいい(送迎を頼んだりタクシーを使う必要がないところ)

というのが母の希望。

近隣にはここ数年でペットも一緒に入れる霊園がいくつか出来たので、母を連れて見学に行ってみました。

自分のための下見も兼ねて…という気持ちも無きにしもあらず(笑)

初めはネットの口コミを参考にして見学する霊園を絞ろうと考えていましたが、やはり実際に見学してみると印象が全然違いました。

結局近隣にあるペット可の霊園全部見学して、最終的に決めたのは当初の候補とはまるで違うところ。

ひとつひとつ見学するのは大変ですが、行って良かったと思います。

とはいえ霊園探しなんて人生に何度もないことなので戸惑うことも多く…同じようにペット可の霊園探しを検討している方の参考になればと思い、まとめてみました。

ペットと入れる霊園探し①

ペット可の霊園探しということで、まず最初に「県名 ペットと一緒 霊園」などのキーワードで検索し、実家近辺の霊園を6軒ピックアップしました。

その中から当初母の希望だった

  • お参りに行きやすい霊園
  • 樹木葬が可能なところ

ということで、6軒のうち2軒に絞って見学に行くことに。

どの霊園も最初から合祀される永代供養墓もありましたが、今回母は検討していないようなのであっさりと見ただけ。

納骨堂がある霊園もあり見せてもらいましたが、こちらも候補にはならず。

立派なお墓も検討していません。

引越しの見積もりとか車の査定とかと同じように霊園探しのサイトから申し込むと電話攻撃がすごそうだな…と思い、今回は霊園のサイトから直接見学申込みをしました。

A霊園

見学を申し込むとすぐに資料を郵送してくれました。

Googleの口コミは賛否両論。

不動産屋みたいに急かされたという口コミも。

う〜ん、ここはどうだろう…翌日行く予定のB霊園の口コミがすごく良いだけにあまり期待せずに行きました。

最寄り駅からは送迎バスが出ているので母一人でも行きやすいです。

交通の便は6軒のうちで一番良いと思います。

現地に着くと、担当の石材店の方が案内してくれました。

知らなかったのですが、ほとんどの霊園は複数の石材店と契約をしていて、石材店の方が案内や仲介をしてくれるのだとか。

担当者は気さくなおばちゃんでした。

まず見学したのは母の希望であった樹木葬。

出来て2,3年の新しい霊園で、ペット可の区画や樹木葬は更に新しく1年以内に新設したのだとか。

なので入っている人はごくわずかで、ほとんどが予約かペットだけ先に入っている感じ。

埋葬エリアの地中に筒が埋め込まれていて、そこに重ねるように遺骨を納め、永久に掘り起こしたりはしないとのこと。

埋葬する場所はここ!とははっきり分からず、「大体あの辺りに埋まってる」といった感じになるのだとか。

名前は埋葬エリアの手前にマンションの表札に似たプレートを貼ってくれます。

管理費は不要で、最初の購入費用のみ。

参考までに…と見せてくれた別のタイプのお墓は、墓石!といった感じではなく、正方形のプレート状の墓石を地面に埋め込んだタイプ。

普通のお墓よりはだいぶコンパクトだけど、ちゃんと「うちのお墓」と分かるので、見た瞬間、こっちがいい!と思いました。

樹木葬と違うのは、最後の人が入った時点で管理費(年間数千円)の支払いはストップ。そこから13年後に合祀されるという点。合祀の際はペットとは別の合祀墓に入るとのこと(合祀したくない場合は管理費を払い続ければいい)。

この2タイプ、管理費以外はそれほど価格が違わなかったので、母はこの霊園の後者のタイプを気に入りました。

口コミに書いてあったようなしつこい営業も一切なし。

結構良かったね!と母も好印象だった様子。

B霊園

こちらも事前に資料を送ってくれました。

私、引越し屋さんの相見積もりを取る時に他社を悪く言う会社は絶対に避けるんですけど、この霊園の資料にはわりと他の霊園を下げて自社を上げるような書き方をしているのが気になりました…。

資料の内容は気になるものの、Googleの口コミはすごく良いので期待して向かいました!

最寄り駅からは路線バスですが、霊園の目の前にバス停があるのでお参りしたい時にいつでも気軽に行けます。

石材店の人ではなく霊園を管理する人が案内してくれました。

樹木葬が2箇所、連棟式のタイプもありました。

樹木葬はA霊園と同様ざっくりと位置が分かるタイプと、小さい墓標を建てて場所が分かるようになっているタイプがありました。

ここの売りは地面に埋めるのではなくて地上に設置されている点。

地下に埋めると水が滲み込むのだとか。資料にも「他の霊園は地下だけどうちは〜」と書いてありました。

きれいに管理されているし、良い雰囲気だったんだけど…なんか高い。値段じゃなくて樹木葬の位置が高い。

母も私も小柄なので、これじゃあそこに埋まってると言われても分からん!というのが正直な感想。

ちなみに連棟式は値段が高くて却下。

それになんだろう…ちゃんとしてるんだけどなんか違う…と思ったのは母も同じだったようで、「昨日の方が良かったかも…」と言いながら帰路につきました。

案内してくれた人に温かみが感じられなかったのもだけど、なんか違いました。

父が違う!と言ってたのかな…

百聞は一見にしかずってこのことだなぁ。

ペットと入れる霊園探し①の結果

というわけで母の第一候補はA霊園の正方形のコンパクトな墓石を地面に埋め込むタイプ。

交通の便と立派な墓石はいらないという母の希望に沿う霊園はこの2つだけなので、あとは姉夫婦にもA霊園に改めて見学に行ってもらって決まりかな?と思ったのですが、どうも母が煮えきらない様子なので、姉に見てもらう前に他の霊園も行ってみる?と提案。

すると、行きたい!とのことなので、まさかの霊園見学第二弾!

ペットと入れる霊園探し②

これまでの母の希望通りではなく、条件を

  • ペットと一緒

のみにして、残りの4軒も見てみることにしました。

ただ、C霊園は最寄駅から送迎バスがあるものの、D霊園、E霊園、F霊園は交通の便が悪すぎるのでひとまずC霊園に見学に行ってみることに。

A霊園、B霊園と違い霊園のサイトから申し込めなかったので、C霊園の見学は霊園探しのサイトから見学予約を入れました。

連絡方法を「電話ではなくメールで」と備考に書いておいたらちゃんとこちらの都合に合わせてくれて、担当石材店の方に取り次いでくれました。

C霊園

最寄り駅から送迎バスが出ているC霊園。

A霊園ほど立派なバスではないものの、おばちゃんが運転する霊園の車が時間になると駅まで迎えに来てくれます。

こちらはA霊園B霊園のような樹木葬やコンパクトな墓石がなく、ちゃんとした墓石(といっても昔ながらの和型墓石ではなく、比較的コンパクトな洋型墓石)の霊園なので最初の候補からは外していました。

霊園につくと担当の石材店の人登場。

霊園に入ってすぐに目に入ったのは、きれいな芝生とかわいい犬の置物。

これだけで印象がすごく良かったです。

価格もちゃんとした墓石なのにA霊園、B霊園とそんなに変わらず。

A霊園B霊園と違い、永代供養にする場合の料金が別なので、いずれ永代供養するならトータルでは10万円くらい高くなるかな?といった感じ。

すごく印象が良かったんだけど、話を聞いているうちに周りを見回すと、枯れたお花が目に入るように…。

「枯れたお花は片付けてくれますか?」と聞いたら、「お墓は個人の持ち物なので、基本的には触らないけど古くなれば定期的に回収に回ります」とのこと。

それにしてもあちこちでもう片付けて…と言わんばかりの枯れたお花があって、そこは少し残念でした。

A霊園、B霊園はその辺の管理はバッチリだったので余計に。

一通り説明を受けて、今日の見学はこれで終わりだったのですが、車の運転をしない母と私はこうして一日一軒が限度…。

事前に担当石材店のサイトを見て、次に行きたい霊園も扱っていることを知っていた私は、「あの、F霊園も気になってるんですけど…」と囁いてみたら、「もしお時間大丈夫なら行ってみますか?」と。

お願いします!お願いします!

というわけで、急遽F霊園へ。

D霊園

F霊園に向かう車中で、

「D霊園もペット可でしたよね?でもチラシで見たらすごく小さい樹木葬だけみたいだから候補からは外したんです」と話すと、「D霊園も樹木葬以外にペット区画がありますよ!行きますか?」とのこと。

行きます!というわけでF霊園に行く前にD霊園に立ち寄ることに。

D霊園は候補の中で一番古くからある霊園で、昔ながらの和型墓石&卒塔婆が建つ区画もあり、その横に芝生に囲まれた洋型墓石の区画が出来ていました。

管理はすごくきれいにされていて、古いお墓も混在するので「お墓参りにきました!」という雰囲気は一番味わえるかも。

参考までに樹木葬も見せてもらったら、日本庭園みたいな雰囲気で埋葬した場所にはミニサイズのお墓が目印として建てられていて、意外と可愛くて私は気に入ったかも。

最寄駅からバスが出るものの数日前に予約が必要なので、バスを利用するならちょっと不便かな?

価格も洋型墓石の方は他と比べると若干高め。樹木葬は良心的な価格だったけど見た感じまだ誰も入ってなさそうでした。

結局ここは見ただけーといった感じ。

E霊園

D霊園を後にしてF霊園への道中、「E霊園もペット可ですよね?そこも今度行ってみて候補を絞るつもりです」と言うと、「うちは扱ってないのですが、行けば他の石屋がいるので取り次ぎますよ!」と、なんと担当外のE霊園にも連れて行ってくれることに。

工業団地の中にあり、道は細くてガタガタ。

交通の便は一番悪いかな…

でも入ってみるとすごく良くて、あれ?気にいったかも…。

E霊園は樹木葬、連棟式、普通の墓石など色々あって、今回は樹木葬と連棟式を見学。

E霊園の樹木葬は埋葬した場所にプレートを埋め込むタイプ。

母が第一候補にしていたA霊園のタイプと似ています。

連棟式は腰くらいの高さでお線香やお花立てが個別にあるのでお参りしやすくていい感じ。

管理費なしで合祀もせず永久に使用できるのだとか。

私は、ここいいんじゃないの?という気持ちでいっぱい。

個人的には霊園内に植えてあるヤマモモの木も好き。

うん、すごく良かった。

F霊園

E霊園に惚れた足でそもそもの目的だったF霊園へ。

こちらもすごく綺麗に管理されていて、配置や雰囲気はC霊園とそっくりなものの枯れている花が全然なくて気持ちがいい。

周りの音も気にならず空も抜けてとても明るい。

樹木葬はなく普通の洋型墓石で、価格は他の霊園よりも数万円高く、更に永代供養を頼むと予算オーバーかな…。

候補にしたいのはやまやまだけど、高い!

そんな印象でした。

ペットと入れる霊園探し②の結果

これで近隣のペット可の霊園は全て見学し終わりました。

担当の方のおかげで一度にまとめて見学出来て本当に助かったー!

よく検討して、姉にも見てもらいたいので再度見学させてもらえるようにお願いして、この日の霊園見学は終了。

家に帰ってよく考えたという母から、

「すっかり忘れてたんだけど、そういえばお母さん屈めないじゃない(人工股関節が入ってる)。A霊園の地面にプレートを埋め込むのが良いかなって思ってたけど、お参りに行ってもお参り出来ないじゃない。だからE霊園の連棟式がいいかなって。霊園の雰囲気も良かった。」と連絡がありました。

まさかのあれだけ親切にしてくれた石材店の担当外…。

だけど私もE霊園をすごく気に入ったのは事実。

お世話になった石材店にはせめてものお礼にGoogleレビューで高評価をつけておきます。

ちなみにD〜F霊園は最寄り駅からバス20分、バス停から何もない道を徒歩20分という車でのアクセスを前提とした立地。

当初の母の希望とはまるで違います。

でも祖父母のお墓は高知にあるし、高知に行って更にタクシーで山を登らないと行けない霊園だし、そう考えれば駅からタクシーでも全然ありかなと。

後日、姉夫婦にもE霊園の見学に行ってもらい、あたらめて「ここいいな!」と思ったみたい。

同じような連棟式のお墓があったB霊園にも帰りに寄ってみたら、なんかやっぱり違ったみたい(笑)

というわけで、両親+犬が入るお墓は、E霊園の連棟式タイプ(最寄り駅からタクシーで20分くらい、管理費・継承者不要、永年安置)に決まりました。

結局樹木葬でもないし、何年経っても合祀しないタイプに。

価格は墓石代含めて80万円くらい。母曰く「たった一日の葬式代より安い!」だそうです。

B霊園の同じタイプと比較すると半分以下の価格だけど、それだけあればいざという時の動物病院代に…と思ってしまう私は、もし自分が入るならE霊園の雰囲気はとても気に入ったので同じ霊園内の合祀墓にしようかな…なんて。

ペットと一緒に入れる霊園探しの極意

  • 霊園見学は気になるところは全部見てまわる
  • いきなり行かずに予約する(勝手に見てもよく分からないし、案内出来る人が常駐してるとは限らない)
  • 見てるうちに金銭感覚が麻痺してくるので要注意!
  • うちみたいにいっぱい飼ってると一緒に入れる頭数が限られてるので要確認!

実際に見てみると、周囲から聞こえる音や日当たり、雨の後の水ハケ具合など霊園によってかなり差があります。

私が気になった枯れたお花もだし、どんなにきれいにしていてもなんか違う…?という違和感があったり、思いがけず立ち寄った霊園がすごく気に入ったり。

あとはお参りに来ている人の雰囲気もさりげなく見ました。お参りに来たよ!って気持ちでいられてるかな?って。

あちこち見て回るのは大変ですが、直接見ることを強くおすすめします。

ちなみに今回は私が窓口になり、契約に至るまでは母の名前も連絡先も明かしませんでした。

というのも父の葬儀でお世話になった葬儀屋さんが死亡届にもお墓探しにも実家の連絡先はなるべく書かない方がいいと教えてくれたのが記憶に新しくて。

どこで漏れて一人暮らしのお婆さんに悪質なセールスの電話がかかるか分かりませんしね。

ちなみに姉が少し前に一括で資料を取り寄せてくれた別のお墓探しのサイトからは電話がジャンジャンかかってきたそうです。

色々大変だったけど、霊園が決まって、長年待っていてくれた実家のコレちゃん(犬)も父と一緒に眠れることになって良かったです。

最近お墓の広告ばっかり表示されるようになったのが玉に瑕。

何はともあれめでたしめでたし。

関連記事

-おすすめ商品,