猫のトイレが臭い!ペット用次亜塩素酸水が大活躍してる話

我が家には猫が2匹います。

推定1歳半のオス猫とらじ&推定1歳のメス猫テツ子。

とらじは後ろ足に麻痺があり、日常生活に少し助けが必要です。
段差を乗り越えられなかったり、キャットタワーに登りたい時は「うぇ…(上に乗せて)」と頼みにきます。

そんなとらじはトイレも苦手。
上半身はトイレに入るのですが下半身はトイレに入りきれず、ダダ漏れ…。
という事がほぼ毎日。

仕切りの低いトイレに変えても良いのですが、とらじはオシッコをしながら徐々にお尻を上げていく癖があるので、三方がきっちりと覆われたフルカバータイプのトイレでないとオシッコ失敗率100%になってしまいます。

それならば下半身がトイレに入り損ねて失敗率80%くらいの方がマシ。

というわけで我が家の猫トイレはフルカバータイプのリッチェル・コロル。

スポンサーリンク

猫トイレの悪臭問題…

猫トイレは1階のリビングと2階の人間用トイレ内の2ヶ所に設置しています。

1階のトイレは↓この通り、隣の犬トイレから全面トイレシーツだらけ。

理由は以下の記事で。

猫トイレのゴミ箱は密閉タイプを使ってます

2017.03.17

1階のトイレをここまでしてもトイレシーツの隙間からオシッコを飛ばすわけですが、カンファペットというスプレーで拭き掃除をしており、ニオイの問題はなし。

2階のトイレは人間用トイレの中に犬トイレと猫トイレを置いているためここまでトイレシーツで囲うことは難しく、とらじが漏らしたらその都度次亜塩素酸水で拭き掃除をしていました。

しかし最近何だか臭い…。

例えるならば、臭い公衆トイレのニオイ

公衆トイレのニオイの正体ってやっぱり尿だったのかと自宅のトイレで再確認するという、悲しい事態が起こりました。

そこで2階のトイレもカンファペットで拭き掃除をしたところ、まぁびっくり!公衆便所臭がすっきり消え去りました!

わざとらしいけど本当ですw

オシッコの成分が少しずつ溜まって悪臭を引き起こしていたのかな。
それがすっきりきれいに拭きとれた感じ。

しかし2階で使っているのは楽天で売れ筋の次亜塩素酸水。
1階で使っているカンファペットも次亜塩素酸水(を特殊な技術で中和しているらしい)。

どこがどう違うのかは分かりませんが、カンファペットに軍配。

楽天の次亜塩素酸水の残りは台所や食卓で使うとして、強烈な臭いを放つトイレは1階も2階もカンファペットの頑張ってもらうことにします。

ペットの悪臭で鼻がもげそうなお家でぜひ試してみてください。
おすすめです。⇒公式サイトへ

スポンサーリンク