ごはん【犬】 老犬生活

ビオピュア犬用マーゲンダルム・エアクランクンゲン【胃腸が弱い犬に】

同居犬たみが腎臓用療法食を美味しく食べたビオピュアの胃腸用「マーゲンダルム・エアクランクンゲン」をチヨにも買ってみました。

ビオピュアは、人間が食べる最高品質のBio(オーガニック認証)素材だけを使った療法食

価格は高いですが、胆泥症や弱弱しい消化器官を携えて生きる18歳のおばあちゃまには少しでも上質でお腹に優しいものをと思い、今回試してみました。
しばらくこれまでの胃腸用療法食と併用してみて、チヨにとってすごく良さそうだったらビオピュアだけにしてもいいかなと考えています。

原材料

Bioライス、Bio鶏肉、Bio鶏レバー、Bioニンジン、Bioサンフラワーオイル
100gあたりの成分
たんぱく質 8%
脂質 2%
粗灰分 2%
カリウム 0.13%
ナトリウム 0.22%
カロリー 142kcal
体重2kgの場合の給与量 100g

原材料や成分は変更になっている可能性もあるので、最新の情報は販売店のHPをご確認ください。

ビオピュア マーゲンダルム・エアクランクンゲン開封♪

朝ご飯抜きで病院へ定期検診に行ってイライラしているチヨちゃんに早速食べてもらいましょうね。

指まで食われた!!

缶を開けて少しほぐすと↓こんな感じ。

ちなみに同じビオピュアの腎臓用がこれ↓

ビオピュア(BIOPUR)腎臓ケア用ニーレン・エアクランクンゲン試食レビュー

基本的な素材は変わりませんが、たんぱくや脂質などの比率が違うのと、腎臓用の方が具材がパッと見て確認できる程度に残っています(特にニンジン)。

胃腸用はさすが消化が苦手な子に向けた療法食なので、よく見ると潰したお米が確認出来るかな?というレベルまで細かくなっていて、口当たりもすごく良さそう。
だから歯がないチヨも動画のように安心して食いつけました。

チヨはどのフードを食べる場合でも電動ミルで更にペースト状にしてお湯で溶いて流動食にしているので、具材の大きさはあんまり関係ないといえば関係ないのですが参考までに♪

ビオピュアの療法食は、胃腸・腎臓の他に、アレルギー・肝臓・心臓・皮膚被毛用もそろっています。

療法食以外にも成犬用・シニア用の通常食もあるので、適切なフードを選んであげたいですね。

療法食は基本的に一定期間与えた後、徐々に通常食に切り替えるものですが、特に胃腸が弱かったり腎臓病などの食事療法が生涯にわたって必要な場合は、疾患に合わせた療法食を与え続けることも可能です。
チヨの場合は、どのメーカーにするにしても胃腸用の低脂肪食(出来れば腎臓への負担も少ないもの)という条件があるので、今後ビオピュアをメインにするかローテーションに入れるかはまだ分かりませんが、通常食ではなく療法食の継続を選択します。
その辺りはかかりつけの獣医さんの指示に従うのが一番。

以上、超お高いから食べなかったら悲惨な療法食ビオピュア「マーゲンダルム・エアクランクンゲン」のご紹介でした♪

関連記事

-ごはん【犬】, 老犬生活

Copyright© けだま生活 , 2019 All Rights Reserved.