老犬生活

犬の服は背中開きが着せやすい【老犬介護に点滴に大活躍】

犬の服って被せて着せたりお腹側にボタンやファスナーがついているタイプが多いのですが、個人的には背中開きの服が犬的にも飼い主的にも負担がなく着心地も良いのではないかと思っています。

基本的にうちの犬は裸族ですが、老犬になってからは冬~春先の肌寒い時期だけは防寒のために服を着せています。

お利口さんならどんなタイプの服でも大人しく脱ぎ着させてくれると思いますが、我が家のチヨちゃんは全く大人しくないので、例えば病院に行った時、診察の前後に服を着せたり脱がそうとしてもギャホギャホ怒ってしまってちょっと無理。

そんな時でも背中開きの服なら隙をついて前足を通しさえすれば後は背中のボタンやファスナーを留めるだけ。

それ以外にも特に老犬介護をする中で背中開きの服はとても役立ちました。

背中開きの服の利点

ギャホギャホ怒るチヨちゃんと、通院や自宅で皮下点滴による治療をしていたたみちゃん。
この2匹の老犬介護をする中で、背中開きの服が寒い季節に大活躍しています。

チヨはもう18歳なのでやりたい放題生きています。
怒ろうが暴れようが元気で結構。

というわけで服を着る時もギャホギャホ怒っているわけですが、前述のとおり背中開きの服なら前足を通せば後は背中で留めるだけ。

そしてすごく便利だなと感じたのは、たみの腎不全治療中に行った自宅での皮下点滴の時。
ぐっすり寝ている時でも背中のボタンを外すだけで点滴が可能。

これはお互いの負担が少なく本当に助かりました。
寝たきりの子の場合も寝たままの着替えがすごく楽だと思います。

背中開きの服コレクション

チヨたみの服のほとんどは実家の母が子供のお古の服や手芸店で売っていたフリースの端切れで作ってくれています。
だから生地は適度に柔らかく丈夫で、とっても可愛い。

↓これは端切れで作った真冬用のモコモコ

↓服は全てお腹の裾がピロピロしないようにゴムを入れてもらいました。

↓これは私が若い頃着ていたフリースを子供サイズに直して長女と次女が着て、それを更に犬用にリメイクしたもの

↓これはトレーナーのお古で作ったもの。
次女が気に入って毎日のように着ていた服です。

↓たまには母のお古の服でおばさんファッションも

↓チヨは時々、命に直結する発作を起こすのでボタン穴や補助ベルトにプラ鈴をいっぱいつけて動くとリンリンなる仕様

老犬に鈴をつけたら良いかもしれないよ!という話【安全対策】

犬の介護ハーネスを手作り。1日中つけていられるベルトを自作しました

たみの晩年はもう服を脱がせても良さそうな季節(5月)ではありましたが、かなり痩せていたので保護のために服を着せました。
そんな時も子供のお古のTシャツが大活躍。

↓これは春先につくったTシャツ

↓たみちゃんはこのピンクがとても似合っていました。

↓この生地は次女が2歳の時にお台場の海に飛び込みびしょびしょになったので急遽買ったワンピースのお古(笑)
子供たちの思い出も詰まった犬服です。
ストレッチが効いていてすごく着心地が良さそう。

チヨたみの服はほとんどが母の手作りですが、楽天でも「犬 背中開き」とかで検索すれば意外と出て来ます。

若い頃は一年中裸族&服が苦手な子でもさすがに冬の裸は寒そうな老犬生活。
少しでも負担の少ない服で快適に過ごさせてあげたいなと思っています♪

関連記事

-老犬生活

Copyright© けだま生活 , 2019 All Rights Reserved.