ごはん【犬】 老犬生活

ハッピードッグ(ドッグフード)ミニシニアを買ってみた

2018年7月2日

ドライフード「ハッピードッグ ミニシニア」を購入しました。

ハッピードッグはドイツの無添加ナチュラルドッグフード
同居猫テツ子に食べさせてすごく良かったハッピーキャットと同じ会社が製造販売しています。

ハッピーキャット(HAPPYCAT)スプリームアダルトライトはダイエット&猫ニキビに良さそう【テツ子に評判です】

普段はドロドロにしたウェットフードを食べさせているチヨにどうしてわざわざドライフードを買ったかというと、

チヨ
固形物食べたい

というチヨ様のご要望と、最近体重が落ちてきたチヨをもう少し太らせておきたいものの、水分を加えドロドロにしたウェットフード(1食あたり100g以上になります)をこれ以上増やすことは不可能なので、効率よくカロリーを摂取できるドライフードも追加したかったから。

そこで今回試したのがこのハッピードッグミニシニア。

300g・1kg・4kgの袋が販売されています(オンラインショップには80gもあり)。

原材料

トウモロコシ、チキンミール、米粉、家禽脂、サーモンミール、フィッシュミール、ラムミール、ポテトプロテイン*、ヘモグロビン*、加水分解レバー、ひまわり油、ビートファイバー*、アップルファイバー*(0.6%)、菜種油、塩化ナトリウム、乾燥全卵、サッカロマイセス・セレビシエ*、塩化カリウム、海藻*(0.15%)、亜麻の種(0.15%)、ミルクシスル、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム(ハーブ:0.14%)*、チコリの根(0.05%)、緑イ貝*(0.02%)、アーティチョーク*(0.01%)、イースト抽出物* 、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素(L-カルニチン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)(*乾燥)
100gあたりの成分
たんぱく質 21.0%
脂質 10.0%
リン 0.80%
カロリー 342.3kcal
体重2kgの場合の給与量 1日35~40g(チヨの場合痩せ気味なので40g)

原材料や成分は変更になっている可能性もあるので、最新の情報はオンラインショップをご確認ください。

ハッピードッグミニシニア開封レビュー

ハッピードッグミニシニアは、小粒でまん丸のドライフード。
2kgの標準的な運動量の犬の場合1日の給与量は40gなので、1日2食の場合上の写真の通り20g程度与えることになります。

粒が固めとのことでどうかな?と思ったのですが、おやつ代わりにドライフードだけ食べる際はピルカッターで簡単に砕けたし、ウェットフードに混ぜる際はミルサーですぐに粉砕出来ました。手で割るのはちょっと難しいですが、そもそもチヨと違って歯がちゃんとある子なら問題なく噛み砕けると思います。

数日間、朝夕のご飯に10粒程度ウェットフードに混ぜて&おやつに5粒程度砕いて与えたところ嘔吐下痢などはなく美味しそうに食べていましたが、しばらく続けて食べさせていたらちょっぴりお腹が緩くなってしまったので、お腹が繊細なチヨには消化器系のフードと混ぜるとか、同じハッピードッグなら消化器ケアを重視した「ミニ ニュージーランド(ラム&ライス)」や、低脂肪の「ミニ ライト」でも良いかなと思います。
まぁそこまでハッピードッグにこだわらなくていいと思うけど。

そもそも私がハッピードッグを選んだ理由は、

「ミニ シニア」は、加齢による代謝の衰えや、腎臓、肝臓、心臓の機能低下がみられる10歳以上のシニア犬のために、エネルギー量はあまり減らさずに、タンパク質、ナトリウム、リンをカットしました。
(中略)
消化吸収に優れた食物繊維を豊富に含み、関節の健康維持に欠かせない緑イ貝、活力を与えるL-カルニチン、ビタミンCをバランスよく配合したフードで、シニア期の小型犬の健全な代謝を促し、健康な毎日が長く続くようサポートします。

というメーカーのこだわりが気に入ったから。

チヨはわりと健康ですが、加齢とともに体重が減ってきています。
獣医さんに相談したところ、「老犬は太りやすくなる子と、体重が落ちる子の2パターンいる」とのこと。

基本的にシニアのフードは低カロリー食が多いのですが、チヨみたいに規定量を食べても元気に痩せていく老犬にとっては悩ましいところ。
チヨの場合はパピー用のご飯を与えてみても良いとのことでしたが、やはり年寄りですし、健康とはいえ胆泥症など出来るだけ低脂質のフードが好ましい疾患も抱えています。

更に腎臓の数値がビミョ~に落ちてきているので、腎臓にも配慮したい。
とはいえ腎臓食にするほどでもなく、どちらかというと低脂質でたんぱく質・リンが多くないものを考えています。

ハッピードッグミニシニアはそんな私に「腎臓、肝臓、心臓の機能低下がみられる10歳以上のシニア犬のために、エネルギー量はあまり減らさずに、タンパク質、ナトリウム、リンをカットしました」なんてぴったりな売り文句を投げつけてきました。

ハッピードッグにはサノNというとても評判の良い腎臓食もありますし、実際チヨがメインで食べているロイヤルカナン消化器サポート(低脂肪)ドライと体重2kgの給与量あたりの成分を比較すると、若干脂質が多いもののたんぱく質・リンはハッピードッグミニシニアの方が低くなっています。

また、どんなに良いフードでも大きな袋しかない場合は少ししか食べないチヨには向かないので、300g入りがあるというのもハッピードッグを選んだ大きなポイントでした。

お腹に合いそうなら、小型のシニア犬にはとっても良さそうなフードだと思います。
以上、最近は何を食べても「おいしい」しか言わないチヨちゃんが「おいしい」と言っているハッピードッグミニシニアのご紹介でした♪

チヨちゃんの最新お世話情報

現在チヨは18歳。ご飯や使っているサプリメントの内容は、年齢とともに体調をよく観察し、かかりつけの獣医さんと相談の上、少しずつ変えています。


最新のチヨの食事やお世話については以下の記事にまとめてあります。参考までに合わせてお読みください♪


パピヨン18歳、元気の秘訣は気合と食欲【日常のケアと介護】


関連記事

-ごはん【犬】, 老犬生活

Copyright© けだま生活 , 2019 All Rights Reserved.