サプリメント 腎不全治療記録・情報

リン吸着剤の種類と使い分け【犬の腎不全治療】

投稿日:2019年2月5日 更新日:

腎不全が進行すると、血中のリンが上昇します。

治療の中で定期的に血液検査を受け、BUNやクレアチニンの数値に一喜一憂してしまいがちですが、リンの数値が上がってきたと指摘されたら対策を考えなければなりません。

リンが上昇すると何がどうして悪いのか?という事に関しては以下の記事を参考にして下さい。

関連記事
腎不全とリンとカルシウム、ビタミンDの関係【腎性二次性上皮小体機能亢進症】

腎不全治療中のたみ。 治療2年目に入り、最近リンの数値が上がってきました(基準値上限6.8のところ、6.7)。 そして治療2年10ヶ月目の2019年1月末現在、リンの数値は今までで一番高い7.1。 リ ...

続きを見る

腎臓用の療法食は低たんぱく・低リンになっているのでごく初期の腎臓病の場合は対策は必要ありませんが、ある程度ステージが上がり、リンの数値が怪しくなってきたらリン吸着剤の使用を検討する時期だと判断した方が良いと思います。

リン吸着剤は数種類あり、その成分や吸着率にも違いがあります。

体質や血中のカルシウム値などによっても使い分けが必要であり、それぞれに相互作用のある薬剤があるので、まずは獣医さんに相談してみましょう。

リン吸着剤の種類

リン吸着剤は、消化管内で食餌中に含まれるリン酸と結合しウンチと一緒に排出させることで体内のリン蓄積を防ぐ目的で使用します。

リン吸着剤には、

  • アルミニウム製剤
  • カルシウム製剤
  • 鉄製剤
  • 塩酸セベラマー
  • 炭酸ランタン

以上の5種類があります。

この中でアルミニウム製剤は一番最初にリン吸着剤として誕生したもので、腎臓病患者の場合はアルミニウムの蓄積によるアルミニウム脳症などを起こす可能性があるため現在は使用が禁止されています。
また、塩酸セベラマーは人間ではよく使われる様ですが、私は実際に使った事がないので今回は除外します。

というわけで、

  • カルシウム製剤
  • 鉄製剤
  • 炭酸ランタン

について私の頭を整理するためにもちょっとここにまとめておこうかなと思います。
間違ってるかもしれないので、何となく頭に入れておいて、あとは獣医さんに聞いて下さい。

カルシウム製剤

カルシウムを主成分としたリン吸着剤は、人間用ではアルミニウム製剤の次に古くから使われています。

動物用では、「カリナール1」「カリナールコンボ」「イパキチン」「キドキュア(猫用・犬も可)」がカルシウムを主成分としたリン吸着サプリメントです。

「カリナール1」はリン吸着のみ。

「カリナールコンボ」「イパキチン」「キドキュア」は、リン吸着と、腸管内の環境を整える事で尿毒素の軽減にも貢献してくれます。

現状で血液検査のカルシウム値が高い場合は、カルシウムの摂りすぎにより異所性石灰化など他の問題が起こる事もあるので、他の吸着剤の使用を検討した方が良いかなと思います。
また、活性型ビタミンD(カルシトリオール)の投与治療をしている場合も併用禁止です。

テトラサイクリン、ニューキノロン系抗菌薬も吸収を阻害するため、同時使用は避けます。

鉄製剤

鉄製剤は現在人間のリン吸着剤として一番新しく、クエン酸第二鉄を使用したものが使われています。
動物用のサプリメントとしては、塩化第二鉄を使用した「レンジアレン」が病院でもよく処方され、我が家でも使っています。
鉄なので、貧血気味の患者にも有効とのこと。

リンの数値により給与量を4倍まで増量することが出来ますが、たみの場合規定量以上に増やすともれなくウンチゆるゆるになるのが悩ましいところ…。

薬剤の吸収を阻害するおそれがあるため、甲状腺ホルモン製剤、ニューキノロン系抗菌薬、テトラサイクリン(抗生剤)の同時摂取は避けます。

炭酸ランタン

カルシウム製剤はカルシウム値が高いので使えない、「レンジアレン」を増量すると下痢になる、しかしリンが上昇を続けて下がらない…という状況に陥り、獣医さんの提案で始めたのが炭酸ランタンを主成分とした「ホスレノール」という薬。

これまでに挙げたリン吸着剤はサプリメント扱いですが、ホスレノールは薬です。

炭酸ランタンは非アルミニウム・非カルシウム製剤で、リン吸着力が非常に強く、動物ではあまり使われないそうですが人間の腎臓病の患者さんでは多く使われているリン吸着剤。
カルシウム系のサプリを使えて効果が出る子、レンジアレンを増やしても下痢にならない子は薬よりもサプリメントを選択する方が良いと思いますが、たみの様ににっちもさっちもいかない状況ならホスレノールを選択する事も考慮すると良いのかなと思います。

副作用としては空腹時に服用すると、「うっ…」と吐きそうな素振りを見せるので、食事に完全に混ぜて与えています。
人間の場合は、食直後(食後5分以内)の服用を指示されるそうです。
比較的新しい薬であり、動物での使用例があまり多くないので、長期使用による臓器への蓄積などの影響については不明瞭だそうですが、うちはもう超高齢犬なので残りの犬生を考えても特に大きな問題はないと割り切っています。

ちなみにたみはレンジアレンと併用しているのですが、ホスレノールの副作用(便秘)とレンジアレンの副作用(下痢)の相乗効果でとっても良いウンコを出してます(笑)
ホスレノールのおかげで1日1包でもゆるゆるだったレンジアレンを、1日2包与えられるようになりました。

リン吸着剤の飲ませ方

これまでに挙げたリン吸着剤は、既に血中にあるリンを吸着するのではなく、食餌中のリンを吸着してウンチと一緒に排出しましょうというものです。

動物用のサプリメントの使い方としてはあまり詳しくは説明されていないのですが、人間では

  • 食後すぐに服用
  • 食事をしなかった時は服用しなくて良い
    (飲み忘れた場合は食後30分以内ならすぐに服用する)
  • 食事量によって服用量を増減する

【参考にさせていただきました】第4回 そらまめ教室 リン吸着剤 薬剤ごとの特徴

とあるように、「食餌と一緒に」というのが大原則。
たみは1日2食だったところ一度に食べられる量が減ったため最近は1日3食にしたので、レンジアレン・ホスレノールも食事の回数に合わせて3回の投与です。

今食べるご飯に入っているリンを減らすサプリメント(薬)と考えて、上手に使っていけると良いですね。

主成分によって併用に注意が必要な薬もあります。
まずは獣医さんにどの種類のリン吸着剤を選ぶと良いのかを相談してみましょう。

【参考】
宮川 優一(2015).慢性腎不全時におけるリンのコントロールの重要性 3.吸着剤の投与 動物臨床医学,24(3),108-110.
宮川優一 (2018).慢性腎臓病患者に対する食事管理 ペット栄養学会誌,1,52-54.
桑原康人 (2011).慢性腎臓病(CKD)の臨床的重要性と考え方 動物臨床医学,20(3),71-75.
Böswald, L, Kienzle, E & Dobenecker, B (2018) Observation about phosphorus and protein supply in cats and dogs prior to the diagnosis of chronic kidney disease. J Anim Physiol Anim Nutr 102, 31–36.
濱野 高行 (2017).CKD-MBDを意識した保存期腎不全患者のリン管理 日本内科学会雑誌第,106(5),959-965.

関連記事

-サプリメント, 腎不全治療記録・情報

Copyright© けだま生活 , 2019 All Rights Reserved.