腎不全と闘うけだまの館

腎不全治療記録・情報

腎不全と診断されて3年経ちました。治療と症状、これまでの経過など

2019/4/1  

2016年4月に腎不全と診断され、治療中の愛犬たみ(パピヨン16歳)。 脳疾患や認知症など老化と共に他の疾患を抱えるようになりましたが、腎臓の調子は大きく崩すことなく、慢性腎不全と診断されてから丸3年 ...

サプリメント 腎不全治療記録・情報

腎臓病の犬と腎性貧血。ペットチニックが良いとされるワケ。

2019/3/31  

腎不全と診断されて3年。 1年半ほど前には、 先生たみちゃんもいずれ腎性貧血になります と、当時の担当の先生から予告されています。 実際、周りの腎不全仲間も治療を進める中で貧血の治療をしたりサプリメン ...

あると便利な用品

犬用の血圧計を購入しました【腎性高血圧の治療】

2019/2/21  

慢性腎不全の進行に伴い、様々な合併症を発症します。 その一つが、高血圧。 腎臓病の多くの犬にたんぱく尿の改善を目的に処方されるフォルテコールも血圧を下げる作用のある薬ですが、たみはフォルテコールだけで ...

サプリメント 腎不全治療記録・情報

リン吸着剤の種類と使い分け【犬の腎不全治療】

2019/2/5  

腎不全が進行すると、血中のリンが上昇します。 治療の中で定期的に血液検査を受け、BUNやクレアチニンの数値に一喜一憂してしまいがちですが、リンの数値が上がってきたと指摘されたら対策を考えなければなりま ...

犬の腎臓食

犬の腎臓食のかさましに低たんぱく米(太らせたい飼い主の悪あがき)

2019/1/14  

腎臓の数値は落ち着いているものの、ジワジワ痩せているたみ。 どうにか3kg前後まで増やしたくて普段食べさせている腎臓食(ロイヤルカナン腎臓サポート缶)に腎臓サポートリキッドを足したり、お昼にもリキッド ...

腎不全治療記録・情報

SDMA、犬の数値の変動と腎不全の症状について

2019/1/11  

2016年春に尿検査と血液検査で初期の腎不全と診断され、治療を開始しました。 その後サービスが開始したばかりのSDMAという検査で確定診断を受け、その後も半年に一度SDMAを計測しています。 SDMA ...

腎不全治療記録・情報

犬の腎不全と部分発作と心臓と甲状腺の治療

2019/1/11  

腎不全治療中のたみは1年半ほど前から部分発作を起こすようになりました。 発作の頻度はまちまち。 2,3か月空く事もあれば、2週間しか空かない事もありました。 しかし1ヶ月前、毎日、しかも1日に何度も起 ...

あると便利な用品

犬の点滴を自宅でする時は加圧バッグがあると捗ります

2019/1/6  

皮下点滴とは、通常の静脈への点滴と違い、皮下点滴は犬の皮膚と筋肉の間に出来る空間に輸液を溜める方法。 腎不全で頻回の点滴が必要になった時、自宅での皮下点滴を勧められる事があります。 病院によって方法が ...

サプリメント

犬の腎不全にサプリメントは欠かせないアイテムです【目的別に紹介】

2019/1/4  

腎機能が低下すると、本来腎臓で濾過するはずの老廃物を処理しきれなくなり、体に毒素が溜まってしまいます。 それが次第に体調の悪化、血液検査ではBUNやクレアチニン、リン、カリウムなどの上昇に繋がります。 ...

腎不全治療記録・情報

犬が腎不全と診断された飼い主さんへ【知っておいてほしいこと】

2019/1/2  

先生腎臓の数値が高いですね 先生BUN、クレアチニンが高いので腎不全です 先生あと1ヶ月生きられるかどうか… 犬が腎不全と診断されたものの、そんなこと突然言われても…な状態の飼い主さんへ。 「腎不全」 ...

腎不全治療記録・情報

犬の腎不全の血液検査の数値と治療の経過など【随時更新】

2019/1/2  

沈黙の臓器(症状が出る頃には相当悪化している)と呼ばれる腎臓を管理する上で、血液検査はとても重要な指標となります。 腎不全と診断されてから2年9ヶ月、 猫と違い、犬の腎不全の予後は良くなく、一般的には ...

高栄養・流動食

腎臓サポートリキッド(犬)で痩せた老犬の体重復活計画開始

2018/12/7  

腎臓の数値は落ち着いているものの、最近気がかりなのが体重の減少。 理想体重が3.2kg~3.5kgのたみ。 昨年余命1ヶ月を宣告された前後に2.5kgまで激やせしたものの、強制給餌で規定量のカロリーを ...

Copyright© けだま生活 , 2019 All Rights Reserved.