我が家の長老パピヨンのチヨ、5月12日にめでたく17歳の誕生日を迎えました!

小さい頃は病気がちで、とても神経質な性格。
まさかこんなに長生き出来るとは正直思っていませんでした。

17歳直前に受けた血液検査の結果は、なんとパーフェクト!

全て正常値。
いやはや素晴らしい。

こんなお元気なチヨちゃんですが、やはり年相応の衰えと疾患は抱えていますし、日常生活には介助も必要です。

今日は17歳を迎えたチヨの日常生活や、老化現象と疾患、そして長生きのポイントなどをお伝えしていこうかなと思います。

スポンサーリンク

17歳の健康診断の結果

健康診断では、全身の血液検査の他、超音波検査も行いました。

結果は、特に大きな変化はなし。
腎臓のシストなど完全にきれいな状態ではない部分もありますが、それは年相応の変化。

前回までに見つかっている

  • 胆泥症
  • 気管虚脱
  • 膀胱ポリープ

に関しては、胆泥症は悪化しておらず現状維持。
気管虚脱も薬に頼らず維持出来ています。

ひとつ気になったのが膀胱ポリープ
数年前からポリープが出来たり消えたりを繰り返していて、2年程前からはずっと同じ位置にあります。
それが今回若干大きくなっていたので、これから月に1回程度経過観察を行うことになりました。

治療中の角膜潰瘍は劇的に良くはならないものの、自己血清点眼を作らなくてもヒアルロン酸の点眼だけで大丈夫そうとのことでした。

スポンサーリンク

老犬のご飯

健康は食事から。というわけで、チヨちゃんが毎日食べているご飯をご紹介します。

市販のドッグフードをいくつ試してもすぐに下痢をしてしまうので、ずっとお腹が弱いと思って手作り食だったチヨちゃんですが、下でご紹介するアニマストラスをご飯に混ぜるようになってからは下痢知らず。

現在は市販のシニア用ドッグフード「アニモンダ フォムファインステン(シニア)」という難しい名前のウェットフードを食べています。
チヨは歯が一本もない上に飲み込むのが下手なので、よくほぐしてから与えています。

それから、サプリ類を色々。

老犬のサプリ

同居犬たみの腎不全治療の経験から、犬用サプリがなかなか良い働きをしてくれることを知り、チヨのご飯にも取り入れています。

現在使っているサプリは6種類。

アニマストラス

おそらくチヨが市販のご飯をお腹を下さずに食べ続けられているのはアニマストラスのおかげだろうなと思っています。
60種類のハーブエキスで培養したスイス生まれの天然酵母が主成分のペット用サプリメントです。

ビオフェルミン細粒

サプリというか薬というか…人間用のビオフェルミンも与えています。

サミーフィッシュ

胆泥症対策に、「サミーフィッシュ」というお魚から作られたふりかけ状のサプリを混ぜています。

胆泥症対策には「ベジタブルサポート」も使っていましたが、サミーフィッシュと順番にお試し中。
今はサミーフィッシュの番です(笑)

今回の検査では胆泥が消えていたわけではありませんが、悪化もしておらず投薬の必要もないとのことだったので、現状維持に一役買ってくれているかなと思いました。

コセクイン

コセクインは動物病院で紹介されたグルコサミンとコンドロイチンのサプリ。
足腰が弱り始めた時に始めました。

結果的にチヨの後ろ足が極端に弱った原因はヘルニアでしたが、お年寄りの足腰と気管虚脱の悪化防止のために続けています。

チヨの体重だと、1日おきに1カプセル。カプセルの中身を出してご飯に混ぜています。

犬康食ワン

なんだかんだで1年以上続けている犬康食ワン
人間が古くから健康のために摂取してきた和漢植物「霊芝・エゾウコギ・田七人参+プロバイオティクス(乳酸菌)」の4種類が配合されたサプリです。

おトク!公式ショップは初回の購入が1,318円お得です

アンチノール

動物病院か公式サイトでのみ購入出来るアンチノールも飲んでいます。
抗炎症脂質(PCSO-524)を含む犬猫用サプリ。

関節、皮膚被毛、心血管、腎臓の機能をサポートしてくれるそうです。

スポンサーリンク

老犬介護

数ヶ月前からチヨがよく転ぶようになりました。
座る時に後ろ足を伸ばしっぱなしだったり、抱っこすると後ろ足がクロスしたり。
なんだか変だなぁと思い、関節のサプリを始めてみたり。

4ヶ月程前からは急激に歩けなくなり、立っているのもやっとな状態に…。

動物病院で詳しく診察を受けた結果、ヘルニアによるものとのことでした。

幸いチヨは麻痺だけで痛みがないので積極的な治療はせず、日常生活を快適に過ごすための工夫の日々が始まりました。

一時は歩けなくなり自信も失い、精神的に不安定になったチヨですが、↓この後ろ足補助ベルトのおかげですっかり元気に。

尻もちをつかないように後ろ足を軽く持ち上げてあげることで、自分の足で歩く感覚を失うことなく生活出来ています。

更に導入したのが、塩ビパイプで作った歩行器

常時着用している後ろ足補助ベルトを引っ掛けるだけなので、ガウガウ犬を歩行器に乗せるというストレスを感じません(お互い)。

この歩行器の場合、人にベルトを持ってもらうよりも不安定なので、自分の力である程度踏ん張らなければいけません。
そのせいか、歩く力やバランスを少し取り戻し、一切補助なしで頑張って歩けるようにもなりました。

また、最近は尻尾をちょんまげスタイルにしています。

パピヨンのお尻&尻尾周辺は毛が長いので、ウンチがつきやすい…。
補助ベルトを持ちながらお尻についたウンチを取る(しかもガウガウ言われる)のは至難の業。

そこで考えたのが、ちょんまげスタイル。

くっつく包帯で尻尾をしめつけない程度に巻いておけばウンチ問題は解決♪

チヨ17歳、これからも様々な変化が出てきて戸惑う事もあるでしょう。
その度に私はチヨちゃんをカスタマイズして過ごしやすくしていこうと思っています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします