猫の肉球の毛をカットする方法と道具【長毛種】

ボーボー。

猫のとらじは長毛(中毛?)なので肉球の間の毛がかなり伸びてきます。

カットされるのはあまり好きではないようなので、私も毎回文句を言われながら作業するのもな…と思って、かかりつけの獣医さんに「足の裏の毛は切らないとダメですか?」と聞いてみました。

スポンサーリンク

猫の肉球の間の毛は切った方がいいの?

獣医さんのコメントは、

「カットできないなら無理にしなくてもいいけど…やっぱり切ってあげた方がいいかな^^」

とのこと。

無理に切ろうとして怪我をさせる可能性があるなら止めた方が良いとのことでしたが、とらじの性格なら多少抵抗はするだろうけどカットさせてくれるだろうし、カットした方がフローリングで滑って怪我をするリスクも低くなると思い、時々カットしています。

それにとらじ自身も伸びてくると気になるのか毛を齧って毟ろうとするので、肉球はオープンにしておきたいのでしょう。

猫の肉球の間の毛をカットする方法

私はとらじが寝ている間に少しずつ切っています。

使っているのは人間の顔用電動シェーバー(私のお古)。


ハサミのような緊迫感もないし、バリカンよりも細かい動きが出来るので便利。

カットは猫がボーっとしている間にささっと。
下の動画は撮影しながらなので片手で作業していますが、実際は肉球を広げたりヨシヨシしながらカットします。

↑とらじは少し嫌がるので、同居の三毛猫(短毛)テツ子にモデルになってもらいました。

とらじには「いや~!」と言われましたが、なんとか↓このくらいカットしました。

とらじは後ろ足が不自由で引きずって歩くので、カットするのは前足だけ。

かかりつけの動物病院では、ペットクラブのバリカン(部分カット用)を使っていました。
見ている限りはなかなかの剃り心地でした。

顔用シェーバーのお古がない&ハサミはこわい場合は部分用のバリカンひとつ用意しておくと良いかもしれませんね。

スポンサーリンク