2015年秋、犬たちがお世話になっている美容院で1匹の子猫に出会いました。
やけに物憂げな表情で、魅力のある子猫。

地元の猫の里親を探す団体から頼まれて店先で里親募集をしていたものの、後ろ足が悪くて普通には歩けないとらじはなかなか引き取り手が現れませんでした。
一度他の家に引き取られたのの、先住犬がストレスで体を壊してしまい出戻りしたのだとか。

私は動物好きなので、「拾ったら飼っちゃうよね」くらいの気持ちではいましたが、今このタイミングで猫を飼いたい!とは全く考えていませんでした。
これまでも里親募集中の猫はたくさん見てきたのに、引き取ろうと思ったことはありません。

それなのにこのとらじと出会った瞬間、「この子をうちの子にしよう」と、即決。
出会いって不思議なものです。

そんなわけで子猫!というほど子猫ではない大きさ(生後2~3ヶ月)で、2015年11月に我が家にやってきました。

不自由な後ろ足なんて気にならないくらい強く育ってほしいという願いを込めて、「とらじ」と名づけました。(とら=ネコ科で強そう)

スポンサーリンク

猫の里親になった時の流れ

とらじを管理していたのは地元の里親団体だったので、引き取ると決めたからといってすぐには連れて帰れませんでした。

犬の美容院のスタッフから里親団体に連絡をしてもらい、後日団体から私に確認の電話。

その時に「…え?犬飼ってるんですか?」と、ちょっと渋られたりして。

まぁ長年付き合いのある美容院経由だったので大丈夫だろうと判断されたのか、引き渡しの日を約束して、直接家にとらじを届けてくれることに。
引き渡しの際に実際に家の様子を見たり、少し面談の様な事をするとのことでしたが、団体のスタッフの都合が悪くなったとかで美容院のお姉さんが代理で届けてくれました。

その際、玄関でとらじを抱っこして証拠写真をパチリ。

承諾書だったか誓約書だかにサインをして引き渡しが完了しました。

ちなみに譲渡費用は5,000円。

スポンサーリンク

猫の里親になってすぐにしたこと

とらじは基本的な健康診断や駆虫、1回目のワクチンは完了していましたが、飼い主ですから引き取ったらとりあえず動物病院へ。
病院では健康診断と2回目のワクチン、去勢手術の相談などをしました。

順調に大きくなれば翌週には2回目のワクチンをする予定でしたが、ここで事件が…。

トイレに入って唸り出したとらじ。
オシッコが出ないの!?と慌てて病院に連れて行くと、なんと便秘でした。

後ろ足が悪い事は承知の上で引き取りましたが、予想外の便秘とは…。

とらじはその後も元気は元気なのですが、便秘や特発性膀胱炎、瓜実条虫騒動など、度々騒ぎを起こしてくれます^^;

5,000円で引き取ったとらじですが、譲渡費用数10匹分に相当する額の医療費がかかっています…。

スポンサーリンク

先住犬と猫の関係

925455_554102344746000_436322205_n

我が家には犬が2匹、うずらが1羽います(とらじ加入後、更にインコと猫が1匹増えました)。

そこに猫が加わると大騒動!?

と心配しました。

一番年上の当時14歳の犬・チヨはとても神経質。
1歳下のたみを迎えた時、たみをケージから出した瞬間にトイレに駆け込み、下痢をしました。
長時間の留守番でもお腹が痛くなるし、長女がお腹にいる時は毎晩オネショをするように。
しかしその後長女・次女が生まれ…。
何を飼おうがご飯と自分の場所さえあれば関係ない、アタシが一番偉い。
と、達観してしまった様にも思えますが、やっぱり繊細なチヨちゃんがどんなリアクションをするのかとヒヤヒヤ。

しかし私の心配をよそに、とらじを家に迎えたところで全くの無反応。
自分のテリトリーで騒がしくされると怒りますが、普通に暮らしている分には何も問題ありませんでした。

チヨちゃんは怒る時はバシッと怒ってくれます。

12256630_1678464662368926_414305229_n

偶然同じ模様の2匹です。

とらじはこうして「チヨ様にちょっかいを出してはいけない」という家のルールを叩き込まれ、上下関係も学び、おやつが欲しい時はお手とお座りが必須という芸まで覚え、犬中心の我が家に馴染んでいきました。

とらじを迎えてちょうど1年後、新入り猫テツ子が我が家に加入しました。

テツ子が家にきてからの1,2週間は、とらじの穏やかな性格からは考えられないほどの威嚇の日々が続きました。
犬と猫の同居は何も問題なくスタートしたけれど、犬同士・猫同士はお互い意識し合うものなのかもしれません。
種類が違えばそれほど気にならないのかな。

里親になる際、もし先住がいる場合は慎重になった方が良いと思います。


今回初めて猫の里親になったわけですが、偶然拾ったとかペットショップで購入するケースとはまた違い、猫を飼う事には変わりないのに何だかすごい重い責任を感じました。
保護された野良猫をわざわざ引き取るのだから絶対に不幸にしてはいけないというプレッシャーだったのか何なのか…。

特にとらじは多少介助が必要なハンデのある猫なので、ちゃんと飼育出来るのだろうか、見つかっていない疾患が他にもあるのではないか(便秘とか…まぁあったけど)という不安もあり、本当に引き取って良いのだろうかと正直少し悩みましたが、今では我が家に欠かせない存在。新入り猫の面倒も引き受けてくれる優しい兄猫に成長しました。

とらじとの素晴らしい出会いを受け入れて、家族になれて本当に良かったなと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします